FC2ブログ

記事一覧

『白昼の暴行魔』

  ↑公開時のポスターとソフトパッケージです。『白昼の暴行魔』解説:三人の男に強姦された神に仕える尼僧と修道院の女性徒が生命を守るために、男たちと闘うという暴力を扱ったサスペンス映画。製作はピノ・ブリッチ、監督は「捜査網せばまる」のフランコ・プロスペリ、脚本はエットーレ・サンゾ、撮影はクリスチアノ・ポガニイ、音楽はロベルト・プレガディオが各々担当。出演は「ザ・ビッグマン」のフロリンダ・ボルカン、...

続きを読む

『バトルランナー』

↑チラシ2種です。 ↑関西版新聞広告です。 ↑パンフです『バトルランナー』 解説:極度に管理された未来社会。囚人たちは“ランニング・マン”と呼ばれるTVショーに参加させられ生死を賭けたゲームを行う。殺人ゲームを描いた作品は少なくないが、シュワルツェネッガーを主役に据えたにもかかわらず盛り上がらない凡作の部類。 あらすじ:2017年、世界経済が崩壊、食料・資源は底をつき、警察権力が独裁政権を持つ...

続きを読む

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』 午前十時の映画祭10

        ↑2020年3月21日、土曜日、TOHOシネマズなんば・別館の様子です。いよいよ10年続いた「午前十時の映画祭」の最後の番組を観る事になりました。場内は半分入りというところですが、やはり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズですね、まさに客層が老若男女で。画像下段のいつもの「午前十時の映画祭」の看板は先週のものです。急遽『バック・トゥ・ザ・フューチャ...

続きを読む

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』

   ↑チラシ・タテヨコ2種と、前売り特典のステッカーです。 ↑この作品は宣材アートがやたらと多い。これはその一部です。      ↑2020年3月20日、金曜日(祝)、TOHOシネマズ梅田の様子です。コロナウィルスの影響で阪神間の往来を自粛せよとのお達しが出ておりましたが(汗)・・・映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』にはそこそこの数の映画ファンが詰めかけ...

続きを読む

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』 午前十時の映画祭10

       ↑2020年3月15日、TOHOシネマズなんばの様子です。いよいよ好評企画「午前十時の映画祭」もラスト2番組。最後は人気投票で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作になっています。私は『PART2』と最後の『3』を観ようかと。なんとコロナウィルスの影響で番組が手薄なのか?(汗)、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』が一日4回上映で、午前十時の回が大きな劇場だという粋な...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ