FC2ブログ

記事一覧

シネコンのお薦めポップコーン。

全国にどれだけのシネコン、映画館があって、どれだけのポップコーンがあるのか私は知りませんが、地元の大阪の映画館のポップコーンは一通り食べて、一通りセットを買いました。私がいつも疑問に思うのは、味はもちろんなんですが、値段と量に凄くバラつきがあります。例えばLサイズのドリンクひとつ見ても、各劇場で値段も量もバラバラ。私が一番、質・量共に満足できるのが、全国に展開するTOHOシネマズの系列劇場のセットです...

続きを読む

「クロッシング」

今日は最悪。朝から映画に行って、映画館を出たら雨にたたられ、家に着いてブログの記事を書こうと、パンフを袋から出したら、劇場のヤツがパンフの中身を間違えてやがる。弟が車を出してくれたおかげで映画館にとんぼ帰り出来て、商品を換えてもらいましたが、凄く無駄な時間を食いました。朝のチケットの発券も凄く遅いし、映画館、しっかりしろ!!って言いたい。おかげで後の予定が全部狂いました。せっかく今日鑑賞して、良かっ...

続きを読む

「義兄弟」

このブログを始めて何回書いた事か分からないんですが、今回も書きます。「ソン・ガンホにハズレなし!!」本日もソン・ガンホの新作観たさに映画館に行ったら、どえらいオモロイ映画に出くわしてしまった・・・。『義兄弟』解説: 『渇き』のソン・ガンホと『M(エム)』のカン・ドンウォンのW主演となった、男同士のきずなを描いた感動の人間ドラマ。北朝鮮のスパイと、彼を追う元国家情報員の宿命の対決と共に、彼らの間に芽生...

続きを読む

なんば~シネマート心斎橋

本日は台風による暴風雨が予報されていたんですが、雨がぱらつく程度の曇り空で助かりました。本日は心斎橋のアメリカ村へ、朝から映画に行ってました。画像は大阪・なんばの道頓堀から、心斎橋の『シネマート心斎橋』がはいるファッション・ビル『ビッグステップ』と、4Fにある『シネマート心斎橋』です。画像のカップ麺は、本日鑑賞した映画「義兄弟」の先着プレゼントです。映画「義兄弟」は本日が初日で、場内満員の初回スタ...

続きを読む

「ファンハウス/惨劇の館」

アメリカ映画を観ていると、よく移動カーニヴァルを見かけます。私の住んでいる地区では、夏になると10日サイクルで「夜店」(縁日)がやって来るんですが、毎回、地域の青少年達で賑わっていますわ。金魚すくいや当てモノ、たこ焼きに玉子せんべいに綿菓子、それらに、少し大人に背伸びしたい中高生の男女が集まっている様は、見ていて懐かしいです。そんな楽しい小さな移動縁日が、アメリカでは遊園地ですからね。やっぱりスケ...

続きを読む

「少年」

90年代頃に、大阪の読売テレビ(日本テレビ系列)で、深夜「シネマ大好き」って映画の放映枠がありまして、毎月テーマを決めて特集を組み、数々の名画を放映していました。基本的にノー・トリミング、ノー・カット放送で、関西のミニシアターには、番組制作の豪華なプログラムが置いてあったほど、優れた映画番組でした。先週、私の記事で少し触れた、大島渚監督の作品を、本日は紹介します。1969年度公開の「少年」という作...

続きを読む

「ダイ・ハード4.0」

続編が凄く楽しみな映画のシリーズってあります。私は「エイリアン」シリーズが好きでしたが、さすがに「エイリアン4」を観たときに、「これは続けてもアカンな」って思いましたし、エイリアンがプレデターと対決しても全然面白くなかった。「ロッキー」シリーズも好きなんですが、スタローンがまさかの快作「ロッキー・ザ・ファイナル」で、自らシリーズに終止符をうった。私が今でも唯一続編を待望しているシリーズが、「ダイ・...

続きを読む

「グッドモーニング・バビロン!」

今は首都圏にミニ・シアターが増え、公開される作品数も増え、陽の当たらないマイナーな良作や、芸術性の高い作品が公開されるようになりましたが、大阪に関してはミニ・シアターの普及は遅れていましたわ。ミニ・シアターがないので、東京でヒットした作品を、キャパの小さい劇場で単館ロードショーしていましたね。そんな時代に観た、ミニ・シアター系の作品で感動した作品を紹介します。「グッドモーニング・バビロン!」解説:...

続きを読む

「愛と青春の旅だち」

昨日の記事で、私は80年代は映画不作の時代だって書いてしまったんですが、当然、80年代にも名作はあります。「愛と青春の旅だち」という超!超!名作が!・・・。「愛と青春の旅だち」は、超ヒット作「E・T」と同じ時期のお正月映画やったんですが、興行的には完全に「E・T」の前にかすんでしまい、思いのほか地味な公開でね。口コミで、じわじわと支持を広げていった作品やと思います。「愛と青春の旅だち」解説:  海軍士...

続きを読む

「レイズ・ザ・タイタニック」

本日最初の記事で紹介した、ナビオ内の北野劇場の開場記念番組、「レイズ・ザ・タイタニック」を紹介します。この作品は1981年度の新春を飾るお正月映画だったんですが、北野劇場のオープン記念として、1週間限定で先行公開されました。新しい劇場の誕生と、先行公開の企画に私は興奮しましてね、乗り気じゃない弟を無理やり連れて観に行きました。「レイズ・ザ・タイタニック」解説:  クライブ・カッスラーのベストセラー...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ