FC2ブログ

記事一覧

『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』

 ↑横型ポスターです。 ↑こちらは本文に登場する割引券。1972年(昭和47年)のものです。 ↑私が所有するお宝パンフ2種です。上が初公開時(1966年)、下がリバイバル時(1972年)のものです。   『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』解説: 四人の男性を乗せたヨットが、南洋上で巨大なハサミに襲われた。島に漂着した四人は、そこに謎の基地と奴隷輸送船を見出す。奴隷船から脱出し...

続きを読む

新しい我が家の家族、テディ&ラン。

本日、我が家に新しい家族が加わりました。我が家は昨年の12月にペットだったモルモット、も~やんを亡くし、「あんな深い悲しみは2度とゴメンや」と、ペットを飼う事に消極的やったんですが、やはり家族に空いた心の穴は大きかった。もう一度モルモットを最初から飼育してみたいと家族の意見が一致したんで、良い縁を待っていたんです。 ↑「ひごペット・フレンドリー」さん。関西一円にあるチェーン店で、我が家から比較...

続きを読む

1979年度の映画新聞広告・PART2

前記事、PART1からの続きです。  ↑これは超満員の公開初日に観ました。劇場内にお化粧直しの出来る「お泣き室」が特別に設けられていて、一緒に鑑賞した友人のフリオが、「こんな映画観てビチビチ泣いて、あんな部屋にこもる女は最悪じゃ」って、えらい機嫌悪かったんよね(超爆)(B型の人って、「泣かせます」とかいうて泣けんかったら怒るし、そもそも最初から「絶対に泣いたるかい」って思っとるよね(爆)・・・...

続きを読む

1979年度の映画新聞広告・PART1

本日こそは映画に行こうと思っていたんですが、体調が悪いので明日以降に映画を観ます。先週末と同じパターンなんですが、私が映画に行かない週末の王道記事(汗)、映画の新聞広告を紹介します。(広告はすべて関西版です)本日は、私が映画の新聞広告をスクラップし始めた1979年(昭和54年)の広告を紹介しますが、私が以前の記事で紹介した広告も含まれています。自分の資料整理も兼ねた記事なんで(汗)・・・。映画ファ...

続きを読む

『エアポート80』

前記事の新聞広告特集繋がりで、古い映画を紹介します。 ↑B5チラシです。 ↑関西版新聞広告です。  ↑A4パンフです。  『エアポート80』解説:政治的陰謀を暴こうとする者がコンコルドに乗り合わせたことから機体ごと暗殺の標的となってしまう搭乗者たちの危機を描いたシリーズ4作目となるパニック・サスペンス。    同じ関西の映画ブロガーとして私が敬愛するGH字幕さん...

続きを読む

1980年度の映画新聞広告PART3

前記事の続きです。興味ある方は資料編としてお楽しみください。 ↑私は洋画と洋楽、同時に興味を持ったんで、公開当時はミュージカル映画が好きでした。これはなぜか劇場で観たときに眠くてね(汗)・・・。でも冒頭の『アクエリアス』が歌われるシーンは圧巻でした。   ↑これね、妻と別居する男がマラソン大会に出る映画なんですが、当時中学生の私が観ても凄く感動できる作品でした。この時からマイケル・ダ...

続きを読む

1980年度の映画新聞広告PART2

私、映画鑑賞のない休日の更新は、基本、ラーメン外食記事か映画の資料紹介なんですね(汗)本日は私が映画資料を集めだした1980年度に公開された映画の新聞広告を紹介します。(広告はすべて関西版)以前に1980年の広告は紹介したんですが、今回は以前紹介できなかった広告を紹介するPART2です。映画レビューでアップした広告もあるんですが、自分の資料整理の為に再度アップする広告もあります。興味のある方は資料編と...

続きを読む

『それでも夜は明ける』

本日は仕事帰りに映画鑑賞してきたので紹介します。 ↑B5チラシ2種です。 ↑関西版新聞広告です。 ↑本日の大阪ステーションシティシネマ・スクリーン1の様子です。一番大きなシアターでの公開初日やったんですが、場内はガラガラでした。 ↑B5パンフ、定価700円です。  『それでも夜は明ける』解説:奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園...

続きを読む

『エージェント:ライアン』

本日は、昨日の日曜日に私が鑑賞した映画を紹介します。 ↑B5チラシです。 ↑昨日のTOHOシネマズ梅田・シアター6の様子です。狭いシアターには多くのお客さんがいましたが、観客の年齢層は高め。嬉しかったのが、高校生ぐらいのグループがいた事。若者には洋画を観てほしいものですよ。 ↑B5リーフレッtです。  『エージェント:ライアン』解説:『レッド・オクトーバーを追え!』などの原作で知られる...

続きを読む

『マチェーテ・キルズ』

昨日の1日、映画のサービスデーの午後に私が鑑賞した映画を紹介します。 ↑B5チラシ2種です。  ↑昨日、3月1日の梅田ブルク7の様子です。  『マチェーテ・キルズ』解説:鬼才ロバート・ロドリゲスと個性派俳優ダニー・トレホがタッグを組んだ、バイオレンスアクションの第2弾。メキシコ最凶の悪人と世界屈指の武器商人を相手に、大型ナイフの名手である元捜査官マチェーテが世界存亡の危機も絡んだ...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ