FC2ブログ

記事一覧

『イントゥ・ザ・ストーム』

本日は軽い二日酔いにも負けず、朝から新世界で映画を鑑賞してきました。3本立てやったんですが、最初に観た映画を本日は紹介します。↑『イントゥ・ザ・ストーム』のチラシ2種です。↑本日の新世界国際劇場の様子です。新世界国際劇場、今年2回目なんですが、本日は女装子が場内に数人いた為に館内は異様な雰囲気(汗)『イントゥ・ザ・ストーム』解説:史上最も規模が大きい竜巻に襲われた人々の死闘を描くディザスターパニック...

続きを読む

『エクソダス:神と王』

↑『エクソダス』のチラシ2種と関西版新聞広告です。先行上映なので、パンフの販売は明日からだそうです。実は、この作品は週末に見る予定やったんですが、明日のアフター5、私は会社の新年会で、週末は他の映画を鑑賞予定なんで時間が合わない。仕方がないので、3D限定特別先行公開である今日鑑賞しました。料金が高くつきましたが、久々にスケールの大きな作品を大きなスクリーンで堪能できたなと・・・満足しました。↑私がい...

続きを読む

『第三の男』 第二回 新・午前十時の映画祭

       ↑本日の大阪ステーションシティシネマ・スクリーン6の様子です。このシネコンのスクリーン5~8は一番小さなキャパで造りが共通なんですが、キャパの割にスクリーンが大きいので、前方で観るとしんどいです。        『第三の男』解説:第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハ...

続きを読む

『ビッグ・アイズ』

本日、仕事帰りに映画を観てきたので紹介します。(今デジカメが壊れているので、いつものシネコン・レポートはありません)  ↑『ビッグ・アイズ』のチラシ・関西版新聞広告・横型パンフです。     『ビッグ・アイズ』解説:世界中でブームとなった絵画シリーズをめぐり、実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻が引き起こした事件の行方を描く伝記作品。妻が描いた絵を夫が自分名義...

続きを読む

『サンダーボルト』

 ↑上から『サンダーボルト』のチラシ、DVDパッケージ、パンフです。   『サンダーボルト』解説:金庫を大砲で破壊して金を盗む男サンダーボルトと、新たにコンビを組んだライトフットという若者。彼らのヤマを狙って、悪党が割り込んでくる。二人のアウトローをコミカルに描いたアクション。前年の「ダーティハリー2」でジョン・ミリアスと共に書いた脚本を認められた、M・チミノの監督デビュー作。 &...

続きを読む

『ワイルドシングス』

 ↑上から『ワイルドシングス』のチラシ・関西版新聞広告・パンフです。     『ワイルドシングス』解説:女子高生レイプ事件に仕組まれた陰謀と罠を描いたサスペンス作品。ブルー・ベイ高校の女生徒ケリーは、豪邸に母親と二人暮らし。ある週末、ケリーは憧れの生活指導教員サムの自宅を訪ねるが、その翌日ケリーの母が、娘がレイプされたと警察に訴え出た。小さな田舎町で事件はスキャンダルとなっ...

続きを読む

『6才のボクが、大人になるまで』

 ↑『6才のボクが、大人になるまで』チラシです。   ↑本日の大阪ステーションシティシネマの様子です。私は前から4列目で鑑賞したんですが、私の列まではビッシリ埋まっていました。ほぼ満員。今年のオスカーに数部門かでノミネートされた影響でしょうか。     ↑B5パンフ、定価720円です。      『6才のボクが、大人になるまで』解説:『ビフ...

続きを読む

『ネットワーク』

↑『ネットワーク』のチラシとパンフです。     『ネットワーク』解説:視聴率稼ぎに血道を上げるTV局の内幕を描いた異色のサスペンス。ニュース・ショウの司会者ビールが、視聴率低下を気に病んでノイローゼになった。ところが、本番中に自殺予告をしたことから、再び視聴率はあがっていく。女重役のダイアナは彼をとことん利用して、視聴率を稼ごうとするが……。      デ...

続きを読む

『イコライザー』

本日の記事もね、先日の成人の日に私が新世界で鑑賞した映画を紹介します。  ↑『イコライザー』のチラシ2種です。   ↑1月12日、新世界国際劇場の様子です。デンゼル・ワシントンを描いた手書き看板、珍しくデンゼルさんに見える〈爆汗)・・・。スクリーンのある舞台に注目してください。なぜか梯子が置きっぱなし(笑)・・・。何かの不具合か、上映中も懐中電灯を持った劇場の人が頻繁にスクリーン...

続きを読む

『猿の惑星・新世紀(ライジング)』

昨日鑑賞した映画を紹介します。  ↑『猿の惑星・新世紀(ライジング)』のチラシ2種です。       1月12日、開場直後の新世界国際劇場の様子です。場内はおっさんばっかで、最初は30人ほどの観客やったんですが、上映中から人がどんどん増えていった。      『猿の惑星・新世紀(ライジング)』解説:名作SF『猿の惑星』の前日譚『猿の惑星:創世...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別アーカイブ