FC2ブログ

記事一覧

『君が生きた証』

本日はシネリーブル梅田で久々に映画のハシゴしてきました。この記事では午後から鑑賞した作品を紹介します。↑『君が生きた証』のチラシとリーフレットです。↑本日のシネリーブル梅田の様子です。このシネコンには自転車でいつも行きます。今朝もむちゃくちゃ寒かったですわ。『君が生きた証』という作品、大阪では本日から公開。↑パンフです。『君が生きた証』解説:『ファーゴ』などで独特の存在感を放つ名優ウィリアム・H・メイ...

続きを読む

1994年度・下半期公開映画の新聞広告

本日は1994年度・下半期に公開された映画の新聞広告を紹介します。(広告はすべて関西版です)↑まずは混合広告2種です。上段は上半期終盤のモノですね。『シンドラーのリスト』と『沈黙の要塞』は劇場で見ました。下段は『メジャーリーグ2』だけ嫁さんと見ましたわ。↑これ、サブリミナル効果を狙う為に劇場にバラの香りの香水が撒かれて上映されていたんですが、千日前・国際劇場のスクリーンからの音量が小さくてセリフが聞...

続きを読む

『アメリカン・スナイパー』

↑『アメリカン・スナイパー』の宣材とパンフです。↑今朝の大阪ステーションシティシネマの様子です。『アメリカン・スナイパー』、朝から多くのお客さんが詰めかけていました。一番大きなシアターの大スクリーンで鑑賞できて良かったです。『アメリカン・スナイパー』解説:アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、...

続きを読む

『プロジェクトA2』

この記事は映画の内容案内になっておりません。資料編としてお楽しみください。↑『プロジェクトA2』のチラシ、関西版新聞広告、パンフです。『プロジェクトA2』解説:前作でギャング団を壊滅させたジャッキーが、今回は水上警察に配属された。彼の担当は、指折りの凶悪地帯。様々な妨害に遭いながらも、彼はまたもや悪の組織と対決する。  私が映画界で尊敬する偉人がふたりいる。全身を使って映画ファンを楽しませ...

続きを読む

テディ&ラン通信 2015年2月

寒い毎日を寄り添って過ごす、我が家のアイドルモルモット、テディとラン。どうせ寄り添うなら、横に並べばいいと思いませんこと?(汗)・・・。いつも妹分のランは、姉貴分のテディのケツを追う(汗)・・・。食いしん坊のテディは、ひたすら増量中。ダイエットさせるのは難しいので困ってます。まぁ、冬は脂肪が暖かいからいいけど。最近、はっきりと文句を言うようになったラン(汗)・・・。おやつや掃除が遅れると、「ホガホ...

続きを読む

『フォックスキャッチャー』

↑『フォックスキャッチャー』のチラシ、関西版新聞広告、パンフです。↑本日の大阪ステーションシティシネマの様子です。『フォックスキャッチャー』解説:デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件を映画化した実録ドラマ。ジョン・デュポンが結成したレスリングチームに引き抜かれた五輪メダリストの兄弟が、彼の知られざる姿を知った果てに悲劇に見舞われる。監督は『カポーティ』などのベネット・ミラー。『31年...

続きを読む

『ハスラー2』のソコが凄い!

すっかり私が過去に紹介した映画をもっと語らせろという書庫になっている「この映画のソコが凄い!」今回は私が、「この映画って、過小評価されすぎなんちゃう?」と思っている映画を語ります。1980年代後半に、一大ビリヤード・ブームを巻き起こした私の青春映画、『ハスラー2』です。この作品は1961年のポール・ニューマン主演映画『ハスラー』の正式な続編(25年ぶり)です。監督はあのマーティン・スコセッシ。映画...

続きを読む

『アイアム・ブルース・リー』

本日は昨日、新世界で2本目に観た映画を紹介しますね。↑昨日の新世界国際劇場の様子です。『アイアム ブルース・リー』解説:1973年に32歳という若さでこの世を去った世紀のカンフースター、ブルース・リーの軌跡を斬新な手法で映し出すドキュメンタリー。『フェイシング・アリ』のピート・マコーマック監督がメガホンを取り、過去の出演作品やプライベート・フィルムなどから伝説のヒーローの真の姿を浮き彫りにする。俳優のミ...

続きを読む

『さまよう刃』

本日は今年3回目の新世界国際劇場で映画鑑賞してきました。最初に観た作品を紹介します。↑本日の新世界国際劇場の様子です。『さまよう刃』解説:日本でも寺尾聰主演で映画化された東野圭吾のベストセラー小説を、『殺人の告白』などのチョン・ジェヨンを主演に迎え韓国で映画化した衝撃の復讐(ふくしゅう)劇。大事な一人娘を少年たちに陵辱(りょうじょく)された揚げ句に殺害された父親の煩悶(はんもん)と、血も涙もない事...

続きを読む

『ワイルドカード』

↑『ワイルドカード』のチラシと、本日の梅田ブルク7・シアター3の様子です。この『ワイルドカード』という作品、パンフの販売がないんですよね(怒)・・・。『ワイルドカード』解説:『トランスポーター』シリーズなどで人気のジェイソン・ステイサム主演のクライムアクション。『明日に向って撃て!』『大統領の陰謀』で2度のアカデミー賞を受賞した脚本家ウィリアム・ゴールドマンが自身の原作の脚本を手掛け、元軍人のすご腕...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

月別アーカイブ