FC2ブログ

記事一覧

『はなれ瞽女おりん』

『はなれ瞽女おりん』解説:『はなれ瞽女おりん』(はなれごぜおりん)はは水上勉が1975年に発表した小説、およびそれを原作とした映画である。盲目の旅芸人・おりんと脱走兵として警察や憲兵隊に追われる男・平太郎との秘めた愛の道行きを美しい自然を背景に描く。監督は「桜の森の満開の下」の篠田正浩。 あらすじ:大正7年、春。盲目の旅芸人(瞽女)おりんはある日、一人の大男・平太郎と出会った。翌日から、二人は旅を...

続きを読む

2007年下半期から2008年初頭に公開された映画の新聞広告

前記事の続き。2007年の下半期に公開された映画の新聞広告を紹介します。(広告はすべて関西版)↑これは家族で見に行きました。バディものになった「3」を継承しつつも、『ダイ・ハード』らしさを取り戻した快作だった。すんごく綺麗なマギーQが途中で退場するのはもったいなかったけど。↑『300』も同時期に見た会社の同僚トム君と感想が真っ二つに分かれた作品。今ではもう当たり前になってきましたが、私は実景を感じさ...

続きを読む

2007年上半期公開・洋画の新聞広告

押し入れの中を整理していたら、まだ紹介していない年の新聞広告のスクラップが出てきたので記事にします。2007年、私はあまり映画館に行ってないので、観た作品だけ簡単な感想を添えます。でも、逆にこの時期から映画を見始めたとか、この時期の作品はよく見たという映画ファンもおられるでしょうね。(広告はすべて関西版です)↑この2本はたしか続けて公開されたんですよね。そして、ちょうどシネコン化が急速に進み、配給...

続きを読む

テディ&ラン通信・2015年8月

もう8月も終わりなんですが(汗)・・・。ウチのアイドル・モルモット、テディ&ランがいかに猛暑を乗り切ったかを報告します。(しかし、前スーパーアイドルのも~やんが破壊した押入れが凄いな(笑)中の工具箱が見えとる(汗)・・・)あまりクーラーの利いた部屋に来なかったも~やんと違い、テディとランはクーラーの利いた部屋が涼しい事がわかったようで、この夏は頻繁に居間へやってきて涼んでました。やはり2匹だと、い...

続きを読む

70年代の大阪ブロックバスターを支えた松竹・東映系の映画館。

先日の記事で、在りし日の梅田ピカデリー1の写真を出したついでに昔の映画館の写真があったので、そんな懐かしい昭和の映画館についての記事をアップします。当ブログの「映画館」の書庫で散々語ってきた事なんですが・・・。大阪ローカルのマニアックな記事なんで、興味ない方はスルーしてください。シネコン時代の現在とは違い、映画館各自が単館で勝負していたころ(主に昭和ですね)、大きく二つに分けて、東宝系と松竹・東映...

続きを読む

『巨大生物の島』

前記事から続く、“1970年代の愛おしい珍作”シリーズ第3弾(汗)・・・。1977年公開の、けっこう私が好きな作品を紹介します。↑『巨大生物の島』、チラシとパンフです。どちらのデザインもナイスですよね・・・。『巨大生物の島』解説:H・G・ウェルズの『神々の糧』を下敷にしたSF動物パニック映画。離島を舞台に、地面から湧いた謎の滋養液を飲んで巨大化した蜂、芋虫、鶏そして鼠が人間を襲う。   これ...

続きを読む

『デアボリカ』

前記事『テンタクルズ』に続き、”1970年代の愛おしい珍作”シリーズ第2弾記事です〈爆汗)・・・。しかし、作品の内容案内になっていません。資料編としてお楽しみください。↑『デアボリカ』のチラシとパンフです。この作品、日本では1975年の4月に公開されています。この宣材に写る主役のジュリエット・ミルズの乳首・・・貧乳に硬そうな乳首、好きです(爆汗)・・・。『デアボリカ』解説:世界的大ヒットを飛ばした「...

続きを読む

『テンタクルズ』

↑『テンタクルズ』のポスター、チラシ、関西版新聞広告、パンフです。『テンタクルズ』解説:カリフォルニア湾岸で、赤ん坊や作業員などが次々と失踪。警察の捜査は難航するが、やがてベテラン記者が海底工事との関連性に気づく。工事会社の社長の依頼を受けて調査に乗り出した海洋学者は海底で巨大なタコと遭遇した……。カリフォルニアに突然現れた巨大タコの恐怖を描いた生物パニック映画。   私、ガキの頃から喫...

続きを読む

『シンドラーのリスト』

↑『シンドラーのリスト』チラシ、関西版新聞広告、パンフです。『シンドラーのリスト』解説:ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが……。スピルバーグが長年あたためていたT・キニーリーの原作を遂に映画化。念願のアカデミー賞(作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・...

続きを読む

『大巨獣ガッパ』

↑『大巨獣ガッパ』の宣材3種です。『大巨獣ガッパ』解説:南洋のオベリスク島にやってきた探検隊は、その地でガッパという怪獣の子供を発見した。彼らは研究のため、子ガッパを日本に連れ帰る。そして子供を奪われた親ガッパたちが、子供のテレパシーをたどり日本に上陸してくる。防衛軍はただちにこれを迎撃するが、ガッパは熱線を吐いて街を壊滅状態に追い込んでいく……。   数ヶ月前から道路法による自転車の取...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ