FC2ブログ

記事一覧

『キングスマン』

↑『キングスマン』、B5チラシです。この作品は2014年制作のイギリス映画です。↑本日の新世界国際劇場の様子です。最初は30人ほどの観客やったんですが、1本目の『キングスマン』終映時には半分が埋まるほどの盛況でした。後日、また新世界国際劇場の記事をアップします。『キングスマン』解説:『英国王のスピーチ』などのオスカー俳優コリン・ファースを主演に迎え、『キック・アス』などのマシュー・ヴォーン監督がメガ...

続きを読む

『ブラック・スキャンダル』

↑『ブラック・スキャンダル』B5チラシです。↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン2)の様子です。初日の初回にしては、まずまずのお客さんの出だしやったと思います。↑パンフです。『ブラック・スキャンダル』解説:ジョニー・デップが主演を務めた実録クライムドラマ。実在するアイリッシュ・マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーが裏社会でのし上がっていく姿を追う。メガホンを取るのは、『ファ...

続きを読む

『殺されたミンジュ』

↑『殺されたミンジュ』、チラシ2種です。↑本日のシネ・リーブル梅田(シネマ3)の様子です。晴れの予報やったのに、夕方の仕事帰りに霧雨が降っていて焦りました。↑パンフです。『殺されたミンジュ』解説:『ブレス』『嘆きのピエタ』などの問題作を世に送り出してきた韓国の鬼才、キム・ギドク監督がメガホンを取って放つ衝撃作。女子高生を殺害した容疑者7人が謎の7人組集団によって拉致され、拷問される不可解な事件に迫る。...

続きを読む

『エージェント・ウルトラ』

↑『エージェント・ウルトラ』のチラシ2種です。↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン1)の様子です。とにかく寒かった。屋外の喫煙所には寒いから誰もいない(汗)・・・。実は前売り券の販売が大阪ステーションシティシネマではなかった『エージェント・ウルトラ』はスルー予定やったんですよ。信頼するブロ友さんが記事で「面白い」と言ってた事と、たまたま一番大きなスクリーンでの上映やったので、昨日、『ザ・...

続きを読む

『ザ・ウォーク』

↑『ザ・ウォーク』のチラシ2種です。↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン4)の様子です。お客さんはパラパラ(汗)・・・。この作品は基本3D上映なんですよね。3Dはどうしても画面が暗くなるから嫌い。どうにかならんの・・・。クライマックスの綱渡りシーン、私のような高所恐怖症は手に汗握ったけどね(汗)・・・。↑関西版新聞広告2種です。『ザ・ウォーク』解説:1974年にワールド・トレード・センターでの...

続きを読む

『バトルフロント』

↑この作品は2013年製作のアメリカ映画で、日本公開は2014年。『バトルフロント』解説:シルヴェスター・スタローンが製作と脚本を手掛けたアクションサスペンス。この世を去った妻の故郷で一人娘と静かに暮らしていこうと決意した麻薬潜入捜査官だった男が、自分たちを執拗(しつよう)につけ狙う麻薬密売人を相手に壮絶な戦いを挑んでいく。主演に数多くのアクション作を誇るジェイソン・ステイサム、彼と対峙(たいじ)...

続きを読む

『白鯨との闘い』

↑チラシとムビチケです。↑本日のTOHOシネマズ梅田(シアター7)の様子です。私が見た朝の回はガラガラでしたわ。『白鯨との闘い』解説:ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ。19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。主人公を『アベンジャーズ』シ...

続きを読む

『冷たい熱帯魚』

『冷たい熱帯魚』解説:上映時間約4時間の『愛のむきだし』などで話題となった鬼才、園子温監督による人間の狂気と愛を描いた作品。実際の猟奇殺人事件に触発された園監督が、猟奇殺人事件に巻き込まれることになる男性が味わう深い心の闇に迫る。主演は、『掌の小説』など数々の邦画に出演しているベテランの吹越満。共演者も『嫌われ松子の一生』の黒沢あすかや『月と嘘と殺人』のでんでんら実力派ぞろい。第67回ヴェネチア国際...

続きを読む

『フランス組曲』

↑上からチラシ2種、関西版新聞広告です。↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン8)の様子です。ステーションシティシネマの喫煙所からは、朝早く天気が良い日は、遠くの神戸方面の山々までよく見える。↑前売り特典のポストカード。『フランス組曲』解説:アウシュビッツで命を落とした作家、イレーヌ・ネミロフスキーの未完となっていた小説を基にしたヒューマンドラマ。ナチス・ドイツ占領下のフランスを舞台に、音...

続きを読む

『イット・フォローズ』

↑チラシ、ムビチケ、前売り特典のトートバッグです。↑本日のTOHOシネマズなんば(別館スクリーン12)の様子です。私、ずいぶん久しぶりになんばで映画を見たんですが、梅田よりなんばのほうが人が多いね。その半数は観光客(中国人ばっか)という感じ。本日鑑賞した『イット・フォローズ』、シアターが小さいせいもあるんですが、若い観客層を中心にほぼ満席。↑パンフです。『イット・フォローズ』解説:各国の映画祭で高い評価...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ