FC2ブログ

記事一覧

阪神 2-1 DeNA 2016年4月29日

↑本日は家族みんなで甲子園球場へ。嫁さんも参加するのは久しぶりなので楽しみにしていました。↑ベイスターズのスタメンも若手中心で凄いですが、“超変革”をスローガンに掲げるタイガースのスタメンも凄い。陽川~原口~北條と並ぶ下位打線見てよ・・・掛布2軍監督が見たら泣きよんで(笑)2年ぶりに球場へ足を運んだ嫁さん、スタメンを見て、「知ってる選手が殆どおらん。どないなっとんねん」言うてビックリしてました。↑今日...

続きを読む

『追憶の森』

↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン10)の様子です。シネコンは今日からGW仕様の花だらけ。多くの人で賑わっていますが、本日初日の『追憶の森』の出足は今一つ。客層はなぜか私より上の世代の人が殆どというね・・・。若者から中年層の洋画離れが深刻ですね。『追憶の森』解説:『ミルク』などのガス・ヴァン・サント監督が、「The Black List2013」(製作前の優秀脚本)に選出された脚本を映画化。死に場所を...

続きを読む

『ゴーストバスターズ』

↑チラシとパンフです。この記事は『ゴーストバスターズ』内容案内にはなっておりません。資料編としてお楽しみください。『ゴーストバスターズ』解説:1980年代を代表するメガヒット作である、ホラーコメディーの傑作。超常現象を専門とする研究者たちがお化け退治ビジネスを始め、スリリングで抱腹絶倒な活躍を繰り広げる。監督は『ジュニア』、『抱きたいカンケイ』などのアイヴァン・ライトマン。『ロスト・イン・トランスレー...

続きを読む

『フィフス・ウェイブ』

↑チラシです。↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン9)の様子です。なぜか今日のシネコンは大盛況の大混雑。「コナン」の影響かな?『フィフス・ウエイブ』解説:リック・ヤンシーのヒット小説を実写化したSFミステリー。知的生命体の襲撃で荒廃した地球で、一人の少女が離れ離れになった弟を捜し出そうとする。監督は、『アリス・クリードの失踪』などのJ・ブレイクソン。『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グ...

続きを読む

『レヴェナント:蘇えりし者』

↑チラシ2種と関西版新聞広告です。↑本日の大阪ステーションシティシネマ・スクリーン1の様子です。話題作であるはずの『レヴェナント』、なぜか各シネコン、大きなスクリーンで上映していないんですよね。私は時間的に遅くてしんどかったんですが、大きなスクリーンで上映してくれた大阪ステーションシティシネマをチョイス。お客さんガラガラ(汗)・・・。↑大判・横型パンフです。『レヴェナント 蘇えりし者』解説:レオナル...

続きを読む

『COP CAR/コップ・カー』

↑チラシです。↑先日(2016年4月17日)のシネ・リーブル梅田の様子です。朝、『獣は月夜に夢を見る』を鑑賞したときは雨上がりで曇っていたんですが、休憩をはさんで外の空気を吸いに出ると晴天でした。ケヴィン・ベーコン制作・主演の『コップ・カー』という作品、ほぼ満席で、70代の女性二人組までいましたよ!ケヴィンはどれだけ幅広い年齢層の女性を熱くしとんねんと(笑)・・・。↑こちらは入場者特典の別柄チラシで...

続きを読む

『さざなみ』

↑チラシ2種です。↑2016年4月16日のテアトル梅田の様子です。午前中に梅田ブルク7で『グランドフィナーレ』を鑑賞し、午後からテアトル梅田に移動したんですが、老人が主役の両作なので、老人客でどちらも盛況でした。『さざなみ』もほぼ満席スタートやったですね。↑関西版新聞広告です。『さざなみ』解説:ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞を筆頭に、各国の映画祭や映画賞で高い評価を得たヒューマンドラマ。結婚45周年を迎...

続きを読む

『獣は月夜に夢を見る』

↑チラシ2種です。↑本日のシネリーブル梅田(シアター4)の様子です。昨日に引き続き、本日も映画のハシゴでした。今日2本目に鑑賞した映画は、後日紹介します。↑関西版新聞広告です。『獣は月夜に夢を見る』解説:カンヌ国際映画祭を筆頭に各国の映画祭で高い評価を得たミステリードラマ。閑散とした村を舞台に、体に異変が生じるようになった女性がその原因を探ろうとする。メガホンを取るのは、ショートフィルムなどに携り、...

続きを読む

『グランドフィナーレ』

↑チラシ2種です。↑本日の梅田ブルク7(シアター3)の様子です。今日は老人がテーマの映画をハシゴしてきましたので、お客さん老人ばかり。今日2本目に見た映画は、後日紹介します。『グランドフィナーレ』解説:アルプスの高級ホテルで休暇を楽しむ老境の元作曲家と仲のいい映画監督が、それぞれに問題を抱えたホテルの客たちと繰り広げる交流を描く人間ドラマ。『グレート・ビューティー/追憶のローマ』などのパオロ・ソレン...

続きを読む

『スポットライト 世紀のスクープ』

↑チラシ2種です。↑関西版新聞広告です。↑本日のTOHOシネマズ梅田・シアター2の様子です。幅広い年齢層の客層でしたが、女性が多かったのが意外。↑前売り特典のポストカードです。『スポットライト 世紀のスクープ』解説:アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマ。カトリック系住民が多いボストンで、神父による児童への性的虐待事件を暴露した新...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別アーカイブ