FC2ブログ

記事一覧

とても悲しいビル・パクストンの死。

ビル・パクストン氏 61歳(米俳優)米メディアによると、25日に手術による合併症で死去。 南部テキサス州出身。「ターミネーター」(1984年)や「アポロ13」(95年)、「ツイスター」(96年)など数多くの作品に出演。「タイタニック」(97年)のトレジャーハンター役は有名。一夫多妻主義をテーマにした「ビッグ・ラブ」など、テレビドラマでも活躍した。昨日2月27日はアカデミー賞授賞式が相変わらずの茶番...

続きを読む

『少女は悪魔を待ちわびて』

↑B5チラシです。↑2月26日の日曜日、私は映画のハシゴでした。午前中は大阪ステーションシティシネマ。そこから眺める梅田スカイビル。↑午後からはその梅田スカイビルで映画鑑賞。移動はすべて自転車ですわ(涙)・・・。ここ、いつもの中国人旅行客に比べて日本人が多いなと思っていると、今ここは確定申告の会場なんですよね。↑2017年、2月26日、日曜日のシネ・リーブル梅田の様子です。なぜかWOWOWで先行放送されたと...

続きを読む

『トリプルX:再起動』

↑チラシ3種です。↑日付が変わったので昨日になりますが、26日の日曜日、私は前日に続き映画のハシゴでした。最初に鑑賞した『トリプルX:再起動』を紹介します。大阪ステーションシティシネマ・スクリーン3の様子です。なぜかお客さんはオッサンばかりでした。『トリプルX:再起動』解説:型破りなシークレットエージェントの活躍を豪快に描き、ヒットを飛ばした『トリプルX』の続編。再びヴィン・ディーゼルを主演に迎え、息...

続きを読む

『theNEТ 網に囚われた男』

↑チラシです。↑昨日、2月25日(土曜日)のテアトル梅田の様子です。お昼をまたいでTOHOシネマズ梅田から移動。久々のハシゴでした。映画が男くさいイメージなので、お客さんオッサンばっかり。盛況でした。ちなみにこの作品、大阪は約一か月遅れの公開で、昨日が初日でした。↑パンフです。『theNEТ 網に囚われた男』解説:『ブレス』『嘆きのピエタ』などの韓国の鬼才キム・ギドクが監督し、『容疑者X 天才数学者のアリバイ...

続きを読む

『素晴らしきかな、人生』

↑チラシです。↑本日のTOHOシネマズ梅田(別館シアター9)の様子です。私、今日は朝から映画のハシゴで、『素晴らしきかな、人生』は最初に見た作品。『素晴らしきかな、人生』解説:『プラダを着た悪魔』などのデヴィッド・フランケル監督が手掛けたヒューマンドラマ。愛する者を失い仕事も私生活も行き詰まった男が、クセのある舞台俳優たちとの交流を経て人生を見つめ直す。『幸せのちから』などのウィル・スミスを筆頭に、ケイ...

続きを読む

『ラ・ラ・ランド』

↑チラシ2種と関西版新聞広告です。↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン1)の様子です。なんといっても本日の話題は初のプレミアム・フライデーでしたね。ウチの会社はそんなもん無関係やから(笑)、私は17時からシネコンに向かった。混雑はなかったですが、いつもより女性のおひとり様が多かった。『ラ・ラ・ランド』、上映シアターが大きいのでガラガラでしたが、若いお客さんが多かったですね。↑前売り特典の...

続きを読む

『青春の蹉跌』と『青春の殺人者』

本日の記事は映画の内容案内というには杜撰な長文です。興味ない方はスルーしてください。久々に毒も吐いていますしね(汗)・・・。『青春の蹉跌』解説:70年安保終焉の虚無感、青春の情熱、孤独、焦燥を描いた石川達三の同名小説の映画化。ロマンポルノの鬼才・神代辰巳による初の一般映画作品。撮影は数々の日活作品でコンビを組んできた姫田真佐久、脚本に『濡れた荒野を走れ』の長谷川和彦、音楽に井上尭之という当時人気絶頂...

続きを読む

未体験ゾーンの映画たち2017

東京と大阪で毎年恒例の映画上映企画「未体験ゾーンの映画たち」もう一月末からすでに始まっているんですが、私は今月末から来月にかけて、見たい作品が数本あります。(実は今回の一部上映作品、WOWOWで先行放送されたらしく、ブロ友さんが記事にされていた作品が数本ある)この企画上映はとにかくスケジュール調整が大変で、ワンチャンスを逃すとスルーに直結という大変スリリングな映画祭で(笑)・・・。この企画で上映される...

続きを読む

豚骨まぜそば KOZOU+

先日2月18日土曜日、私は朝から映画鑑賞やったんですが、その後に弟と合流してラーメン食べてきました。弟はグルメ情報本が好きで、よく買う。関西のラーメン店特集の本に載っていた大阪・福島区の「豚骨まぜそば KOZOU+」に、我々兄弟は目をつけていたわけです。今や大阪・福島区は有名なラーメンの名店激戦区。今回紹介する「豚骨まぜそば KOZOU+」というお店は、私が旧ブログで紹介した事のある同じ福島区の「らーめん小僧」...

続きを読む

『たかが世界の終わり』

↑チラシ5種です。↑本日のテアトル梅田の様子です。なぜかテアトル梅田のあるロフト前で猿回しやってました(笑)・・・。『たかが世界の終わり』、ほぼ満席でしたね。ここの客層は苦手。いかにも阪急電車に乗って来そうな意識高い系の映画ファンが多い(汗)・・・。『たかが世界の終わり』解説:『わたしはロランス』『Mommy/マミー』などで、若くしてずば抜けた才能を発揮してきたグザヴィエ・ドランが監督した家族の物語。ある...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ