FC2ブログ

記事一覧

『ムーンライト』

↑『ムーンライト』という作品、私が知るだけでもオスカー受賞前と後を含む7種のチラシがある。上記のチラシも上段コピー違いを2枚重ねています。↑前売り特典のポストカードと関西版新聞広告です。↑本日のTOHOシネマズ梅田(シアター1)の様子です。実は私、今日はお昼休みを含んで病院の検査やったんで、午前中は有給休暇でした。朝からの時間を有効に使い、オスカー受賞作の公開初日の初回に鑑賞。お客さんパラパラでしたが、...

続きを読む

『大魔神逆襲』

↑1966年公開の大映映画、『大魔神逆襲』のポスター2種です。『大魔神逆襲』解説:時代劇の本場であった大映京都撮影所で『座頭市シリーズ』や『眠狂四郎シリーズ』などに腕を振るった安田公義をはじめとする時代劇専門のベテラン監督の起用によって、時代劇としても重厚なリアリティを持たせている。シリーズの各作品は独立したエピソードをもつが、舞台設定を日本の戦国時代におき、悪人が陰謀をたくらみ、民衆が虐げられる...

続きを読む

飛騨・高山ラーメン

↑今日、仕事中に弟から連絡があって、わざわざ私の会社までラーメンを持ってきてくれた。弟の勤める会社で扱う商品を、たまに会社から、〇〇祭りと称して協力してくれと頼まれるらしい。(よかったら買ってねというやつ)ノルマとか無理強いではないみたいなんですが・・・。以前、焼き鳥祭りとか言って買わされていた焼き鳥も、「マズいからあげるわ。酒のアテにでもして」って弟は持ってきたんやけど、その時の焼き鳥は甘くてぜ...

続きを読む

『誰かに見られてる』

↑『誰かに見られてる』チラシと関西版新聞広告、パンフです。『誰かに見られてる』解説:友人が殺されるのを目撃した令嬢クレア(ミミ・ロジャース)。彼女を護衛することになったキーガン刑事(トム・ベレンジャー)。命の危機を越えるうち、二人はやがて魅かれ合う。しかし、刑事には家庭が、二人の間には身分の違いがあった……。「ブレードランナー」のR・スコットによるラブ・サスペンス。  懐かしい映画を紹介します...

続きを読む

揉まれたい・・・。

本当は目とか脳に良くないらしいのですが、私は寝る前に癒される系の動画を見てしまう。お金持ち気分に浸れる贅沢な旅動画だとか、大食いとか鉄道模型なんかも見ていて楽しいんですが、やはり動物たちの動画が一番癒されて、眠りに入りやすい。自分がされている気分を想像できるマッサージ動画を見ていると、最後は動物のマッサージ動画に行きつくんですよね。この記事で紹介するワンコの動画、個人的には極上のベッドタイム・スト...

続きを読む

海辺の茶屋「しづき」

昨日(2017年3月25日)になりますが、映画を見た後、弟と合流してランチしてました。↑大阪市福島区鷺洲(サギスと読みます)にある聖天通。こちらの鷺洲の入口からJR福島駅前まで続いています。弟は車で来てくれたんですが、ちょうど写真の反対側にあるスーパーKOHYOの駐車場に入れて、一時間以内に食事して500円以上買い物して帰れば、駐車料金は発生しません.↑鷺洲側から入って徒歩3分ほどの位置にありました。マグロ...

続きを読む

『キングコング:髑髏島の巨神』

↑ポスターとチラシです。↑本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン3)の様子です。お客さんの年齢層はむっちゃ高めですが、盛況でした。↑コレ見てくださいよ。なぜか売店に女性の大行列。またジャニタレの映画にジャニヲタが並んでいるのかと思ったら、アニメ映画の前売り特典目当ての行列らしい。私、今回観たキングコングのパンフはほしかったんですが、映画鑑賞後も、同じくらいの大行列が途切れないので、パンフ買え...

続きを読む

『パッセンジャー』

↑チラシと、前売り特典の万華鏡です。↑本日のTOHOシネマズ梅田・シアター7の様子です。なぜか初日なのに大きなスクリーンで上映されない『パッセンジャー』お客さんボチボチでした。↑ムビチケ。これと同じデザインのパンフも販売されていました。『パッセンジャー』解説:航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・...

続きを読む

テディ&ラン通信 2017年・春

我が家にはスーパーアイドルがいる。旧ブログからお馴染みのモルモット2匹。寒い冬を乗り越えた、本当の姉妹のように仲がいい、モルモットのテディとラン。妹分のラン(白黒)は元気すぎて文句ばっか言ってますが・・・。この娘たちが我が家に来て、3月24日でちょうど丸三年。いよいよ4年目に入ります。人間でいうと、このモルちゃんたちは働き盛りの中年。夏はみんなしんどいので、つかの間の春をモルたちにも感じてほしい。...

続きを読む

『女囚701号/さそり』

↑私の持つ本からの転載ポスターです。1作目の『女囚701号/さそり』と、2作目の『女囚さそり/第41雑居房』ですね。私は旧ブログから映画レビューはすべてこちらにコピーして引っ越したんですが、操作を間違えて『女囚さそり』関連の記事だけを消してしまった。再編集して再びアップします。『女囚701号/さそり』解説:「ビッグコミック」に連載された篠原とおるの『さそり』を、神波史男と松田寛夫が脚色。監督は本作が...

続きを読む

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

月別アーカイブ