FC2ブログ

記事一覧

『リリーのすべて』




B5チラシです。








本日のTOHOシネマズ梅田(シアター8)の様子です。






パンフです。








『リリーのすべて』
解説:世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。メガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞した『英国王のスピーチ』などのトム・フーパー。性別違和に苦悩する主人公には『博士と彼女のセオリー』でオスカー俳優となったエディ・レッドメイン、一番の理解者として夫を支え続けた妻を『コードネーム U.N.C.L.E.』などのアリシア・ヴィキャンデルが演じる。共演にはベン・ウィショー、マティアス・スーナールツらがそろう。
 
あらすじ:1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼される。その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩むことに。当初はそんな夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深め……。
 
 
これは心と体の性の不一致に苦悩する“良き夫”が女性である事に目覚め、女性になるべく性別適合手術を受けるというお話で、それを支える妻との深い愛が描かれている。
とても美しい風景画の背景で始まるこの作品、画家のアイナーは自然を愛し、同じく画家である妻のゲルダにも優しい。だから幸せだと思っているし、幸せだった・・・。
肖像画ばかり描いて売れないゲルダは、どこか中性的な魅力のあるアイナーに女性モデルの代役を部分的にやらせるんですね。
まんざらでもなさそうなアイナーは、徐々に女装にハマってしまい、そんなアイナーを可愛く感じてしまうゲルダの悪ノリもあって、社交界に女装して行くようになるアイナー。
夫婦でふざけているのかと思って見ていると、なんとアイナーは自分の心が女である事に目覚めてしまうんですよ。
 
面白いのは、少し変態趣味の亭主に、理解がありすぎる奔放な妻という図式のドラマに見える。
ところが、自分の絵の為に強いた事が思わぬ亭主の性同一性障害に目覚めさせた事によって、夫婦の関係など、すべての関係にヒビが入ってしまうという、切実に暗い展開になってしまう。アイナーはリリーとして日常を過ごす事から抜け出せなくなるので・・・。
 
この作品、一歩間違えたらただのゲテモノ扱いされるというセクシャルな題材を綺麗に描いたという面では、私が先日鑑賞した『キャロル』に似ているし、特殊な夫婦関係を描いた作品として、エディ・レッドメインがオスカーを受賞した『博士と彼女のセオリー』に作品のスタンスが似ている。
ハッキリ言いましょう・・・そんな二つの作品を合わせたようなこの作品は、それぐらい面白いんですよ。理屈抜きに・・・。
女装から自分の心が女だと気付いて苦悩する夫という主人公を、違和感なく綺麗に見せて成立させたからこそ、この映画はむちゃくちゃオモロい。
見ている誰もが“リリーを応援してしまう”という奇跡を成し遂げたこの映画、油断してたら最後にマジで泣かされた。
映画の力、人間の姿って凄いなと思った。
 
[2016年、3月24日、『リリーのすべて』、TOHOシネマズ梅田・シアター8にて鑑賞]










風景画が専門のアイナー(エディ・レッドメイン)と、肖像画ばかり描いてるゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)の夫婦。
ゲルダは自分の絵の女性のモデルを部分的にアイナーに頼む。
女装にハマっていくアイナーは、自分の心が女性である事に目覚めていく。
最初は女装好きのプチ変態かと思われたアイナーが性同一性障害であるという見せ方が小出しで上手いだけに、予告編は見せすぎ。
本当の自分を見つけたようなアイナーの女装リリーを描いたゲルダの絵は、皮肉な事に売れてパリに招かれる。









自分が女性ではないか?と疑問を持ったアイナーは、リリーとして過ごす日々が多くなる。
(見事な腹筋を持ち、鏡の前でチンコ隠しするエディ・レッドメインの姿になぜか笑えない(汗)・・・)






リリーに興味を示す男(ベン・ウィショー)は同性愛者なんですが、リリーの良き話し相手。







アイナーの幼なじみハンス(マティアス・スーナールツ)は後半の重要人物。
演じるマティアス・スーナールツは最近売れてきましたね。
『君と歩く世界』、『フランス組曲』に続く好演でした。






自分の愛する夫が女性化してしまい、戸惑うゲルダ。
しかし、どんな事があっても離れられない夫婦の絆がこの作品は魅力的なんですよ。
この二人の深い関係は簡単に言い表せない。






この作品で見事にオスカーを受賞したアリシア・ヴィキャンデル。
女性化してもアイナーを愛し、リリーを見守る。
この作品の素晴らしい部分は、アイナーに「マイ・ワイフはマイ・ライフだ」と言わしめた妻ゲルダの存在が凄く大きい。









この作品、リリーになっていくアイナーがキモかったら成立しない。
その部分で中性的な魅力を発揮したエディ・レッドメインなしではありえない作品。
この難しい役を自然に説得力を感じさせる表現者は、デヴィッド・ボウイ亡き今ならエディ・レッドメイン以外に考えられない。

私ね、小学1年の途中から5年の途中までいた大阪・寝屋川の学校の同級生に、男なんやけど自分は女子と思いこみ、いつも女子の中心にいたヤツがいたんですよ。
ルックスも女の子みたいで、男子生徒も女子生徒も、みんなその子は女子として扱っていましたし、それでまったく違和感もなかった。
そういう子がいた日常を私は経験しているので、ホンマに性同一性障害ってわかる。
同性愛とかとはまったく別ものですよね。

しかし、この作品での人間のありかたとか愛情の描き方って凄いわ。
なにが自然の姿なのか?に斬り込んだこの作品の綺麗なアプローチに打ちのめされた。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ