FC2ブログ

記事一覧

『ドラゴンVS.7人の吸血鬼』







ポスターと関西版新聞広告です。
この新聞広告が私の手元にあるのは奇跡だと思っている。







『ドラゴンVS.7人の吸血鬼』
解説:ドラゴンVS.7人の吸血鬼』(イギリス題:The Legend of the 7 Golden Vampires 香港題:七金屍、または七屍金)は、1974年、イギリスのハマー・フィルム・プロダクションと香港のショウ・ブラザーズ共同制作の映画。主演ピーター・カッシング、デビッド・チャン。監督ロイ・ワード・ベイカー(英語版)。古典派ホラーとカンフーアクションを融合させた怪作で、後の『霊幻道士』等香港ホラーの始祖とされている。

あらすじ:1804年、トランシルヴァニアの吸血鬼ドラキュラの元を中国から来訪した怪僧のカーが訪れた。カーは衰退していた中国の吸血鬼達の復活の助力をドラキュラに求めた。ドラキュラはカーに憑依して中国の山村に渡り、伝説の吸血鬼達の復活に着手した。100年後の1904年、吸血鬼研究の権威ヴァン・ヘルシング教授は重慶の大学を訪れ、中国の吸血鬼についての講義を行っていたが、多くの聴講生はその存在を信じなかった。そのヘルシングを若者シ・チンが訪ねる。チンの故郷の村は復活した吸血鬼達の脅威にさらされていた。ヘルシングはチンの望みに応え、カンフーの達人であるチンとその兄弟達と共に、息子のレイランド、旅のスポンサーを買ってでた富豪の未亡人ヴァネッサを伴い、吸血鬼退治に向かう。



 
 
もう企画の段階からして珍作への道を爆走したような映画なんですが、英国ハマー・フィルムの吸血鬼映画と、カンフーアクションが十八番の香港ショウ・ブラザーズが真面目に合作した本作は、早すぎた名作チャンポン映画かもしれない(汗)・・・。
 
吸血鬼研究の権威ヴァン・ヘルシング(ちゃんと名優ピーター・カッシングが演じている)が重慶の大学で、真面目に吸血鬼についての講義を行っているんですが、まったくみんなに相手にされないというクソリアルな展開で始まるんですが(爆)、チンという若者はヘルシングを信用する。
チンとその仲間たちはカンフーの達人で、甦った吸血鬼に脅かされる故郷の村を救ってほしいとヘルシングに懇願する。
とにかく、みんなでヘルシング教授をバックアップするので、吸血鬼退治に行きましょうというノリだけで凄く楽しそうなんですよね(爆汗)・・・。
 
そして、どれだけ脱線しても、ヴァン・ヘルシング教授の知的さが作品を引き締めているという部分も珍作やなぁ(汗)・・・。
やっぱチャンポンは長崎で食わなアカンで・・・みたいな真面目さ一本なところが素晴らしい珍味でもある。








冒頭シーン、怪僧カーが吸血鬼ドラキュラ(ジョン・フォーブス・ロバートソン)を眠りから呼び覚ますんですが、カーはドラキュラに憑依されてしまう。
それから100年後の1904年、中国の大学で吸血鬼伝説を熱く語り笑いものになっているヴァン・ヘルシング教授(ピーター・カッシング)
カンフーの達人チン(デビッド・チャン)は、ヘルシング教授の話に興味を持ち、吸血鬼に支配された故郷の村を救ってほしいとヘルシング教授に懇願する。












息子やスポンサーに付いたご婦人たちを連れてチンの故郷を目指すヘルシング教授。
彼らの行く手を阻む者たちとの戦いはひたすらカンフーアクション。












やはり最後はヘルシング教授とドラキュラ伯爵の一騎打ちになるんですが、二人ともアクションできない老人なので、勝負は一撃で決まる。
やはり尖った棒が身体を貫通するという描写は見ていて痛いね。







この作品、逆に今、真面目に映画化すればかなり面白いと思いますね。
いきなりミュージカル映画という展開ですら可能ですよという(汗)・・・。
正直、見るまでは少しバカにしていました(反省)
後のいろんな映画に意外な影響と可能性を与えているかもしれない・・・コレは(笑)・・・。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ