FC2ブログ

記事一覧

『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』









チラシ2種です。










                                    ↑
本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン11)の様子です。
お客さん、殆どが老人(汗)・・・。





関西版新聞広告です。







『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』


解説:人気作家デボラ・モガーの小説を実写化した、2011年製作のヒューマンドラマ『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編。インドのおんぼろホテルで悠々自適の生活を送るイギリス人シニアたちが、若き支配人の結婚と謎めいた宿泊客の登場に翻弄(ほんろう)されていく。監督にジョン・マッデン、キャストにジュディ・デンチ、マギー・スミス、ビル・ナイと前作のメンバーが結集。そこにリチャード・ギアが新たに加わり、物語を盛り上げる。ユーモアとヒューマニズムに満ちた内容はもちろん、インドの風光明媚(めいび)な風景を捉えた映像も見もの。


 


あらすじ:インドにあるマリーゴールド・ホテル。そこで宿泊を続けているイヴリン(ジュディ・デンチ)、ミュリエル(マギー・スミス)、ダグラス(ビル・ナイ)ら、イギリス人シニアたち。イヴリンは好意を寄せ合っているダグラスと関係を進められず、副支配人となったミュリエルはある隠し事をしながら業務をこなすなど、それぞれがさまざまな思いや事情を抱えていた。支配人ソニー(デヴ・パテル)の結婚とホテル拡大の決定に色めき立つ中、一人の怪しげな男(リチャード・ギア)が宿泊客としてやって来る。


 


 


 


イギリスのお金持ち老人たちがインドのおんぼろホテルを再建し、宿泊を続けて様々な人間模様を見せてくれた『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編なんですが、前作の老人たちはそれぞれ悠々自適の生活を送りながら、新たな展開を迎える。
老いと残りの人生をテーマにした前作は、詰め込みすぎてまとまりに欠けていた印象があった。
今回の続編はエンタメ度が増して凄く楽しめました。
簡単に言えば、前作のメンバーにリチャード・ギアを投入してみましたというお話(笑)・・・。


 マリーゴールド・ホテルの若き支配人ソニーは、アメリカに渡りホテルの拡大に乗り出す。
そこでホテル界の大物バーレイ(渋いデヴィッド・ストラザーンが演じている)は、融資するかどうかを決める鑑定人を派遣するとソニーに伝えるんですね。
ソニーが帰国すると、イギリスの長期滞在老人たちで満室のマリーゴールド・ホテルに、母親を入所させる為に下見に来たというご婦人と、小説家志望のガイという男が同時に宿泊しにくる。
ガイを鑑定人だと思い込んだソニーはガイを優遇するんですが、当のガイはソニーの母親と親しくなるばかりで、自らの結婚式を控えて焦るソニーをやきもきさせるだけ(笑)・・・。
そうこうしているうちに、ソニーの婚約者の友人が、ソニーが目を付けていたホテルを買い取ってしまった。共同経営しようという友人の案に難色を示すソニーは、すべての面で人生の岐路に立たされる・・・というお話です。


 前作はね、短くなる残りの人生に焦る老人たちのパワーにソニーが勇気をもらった。
今回の続編は、人生の岐路に立ち悪戦苦闘してスベってしまいそうなソニーを見守る老人たちが、若いソニーから学ぶという逆転の発想が面白い。
とにかくこの作品に登場する老人たちは、恋愛に対して凄くどん欲。
それは何よりも、「あんなに辛い想いはたくさん」という孤独を恐れる姿勢の裏返しなんですわ。


人間は時間がないのがわかっていても、そう簡単に自分を変えて一歩踏み出せるものではない・・・という部分も含めて、包容力に溢れた魅力的な映画に仕上がっていました。
インドの異国情緒溢れるトーマス・ニューマンの素晴らしい音楽の数々と老人たちの人間模様に身を委ねているだけで心地よい作品。


 


[2016年、3月5日、『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』、大阪ステーションシティシネマ・スクリーン11にて鑑賞]






 



冒頭、アメリカのサンディエゴに渡り、ホテル王にホテル拡大の融資を呼びかけるマリーゴールド・ホテルの若き支配人ソニー(デヴ・パテル)と、副支配人ミュリエル(マギー・スミス)
このシーンでミュリエルが披露する紅茶の入れ方にホテル王は惹かれる。
今回のマギー・スミスは前作以上に重要な役。
この人は老いるほど見た目がマイケル・ケインやマーティ・フェルドマンに似てきてるね(汗)・・・。









インドのマリーゴールド・ホテルに長期滞在するイギリス老人の面々。
左端に写るモテモテ肉食系老婆のマッシ(セリア・イムリー)の恋の行方のエピソードは良かった。









マリーゴールド・ホテルへ宿泊へやってきたガイ(リチャード・ギア)
ソニーはガイの事をホテル王が派遣した鑑定人だと思い込み、同時に泊まりに来たご婦人とガイを露骨に差別し、ガイを優遇する。
80才前後の老人が占めるマリーゴールド・ホテルの長期滞在老人たち・・・64才のイケメンであるガイを見た老女、「卵巣がうずくわ」って(超爆)・・・。
そんなとこうずいとったんかい~!って(爆汗)・・・。










前作で恋に落ちたイヴリン(ジュディ・デンチ)とダクラス(ビル・ナイ)は、いまだにプラトニックな関係(汗)
イヴリンは新しい仕事を依頼され、ダグラスとすれ違うようになる。
この作品に登場する老人たち、恋愛に関しては年食ってるだけで青少年たちと同じ事してる(汗)・・・。
本気出したら、「いつでも現役ですよ」というオーラのジュディ・デンチ、また太ったね。
「痩せてたら枯れ木と同じですよ。水太りしてるから濡れるのよ」と言いたげな迫力(爆汗)・・・。










ガイはなぜか美魔女のソニーの母(リレット・デュベイ)と親密に・・・。
この作品のリチャード・ギアは、白髪になってるけど『プリティ・ウーマン』丸出し。
むっちゃかっこいい。
挨拶はなぜか、「ハロ~、コンニチハ」やった(笑)・・・。








物語の大きなウェイトを占めてるのがソニーとスナイナ(テナ・デサイー)の結婚話。
ホテル拡張で焦るソニーとスナイナは衝突してしまう。







各人の人間模様が、ソニーの結婚式へ向けて交錯する。
クライマックスのダンスはデヴ・パテルが主演していた『スラムドッグ・ミリオネア」みたい。
そう、前作はイギリス映画らしいシニカルさが前面に出ていたんやけど、今作はかなりインド映画のポジティブさが前面に出ている。

この映画で描かれる人間模様、老人たちを見ていると、自分の「行く道」として興味深い。
しかし、まともに感情移入するには、私のような貧乏人は危険。
裕福層の悠々自適の世界ですから。
映画の中の憧れの世界として酔ってたほうが気が楽よ(爆汗)・・・。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ