FC2ブログ

記事一覧

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

本日は仕事帰りに映画鑑賞したので紹介します。





↑チラシ3種と関西版新聞広告です。







本日のTOHOシネマズ梅田の様子です。
私は時間の都合で3D字幕版で鑑賞しました。






入場特典のうちわ?・・・と、シネコンのガイドリーフレットです。




『ターミネーター:新起動/ジェニシス』


解説:大ヒットシリーズ『ターミネーター』に、『ターミネーター3』以来となるアーノルド・シュワルツェネッガーが戻ってきたSFアクション大作。将来人類反乱軍を率いることになる男の母親を闇に葬るため、未来から送り込まれた殺りくマシンことターミネーターと、同型の古いターミネーターの直接対決を描く。監督は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などのアラン・テイラー。およそ12年ぶりに本シリーズに復帰したシュワルツェネッガーの熱演はもとより、新たな展開に息をのむ。


 


あらすじ:2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。


 


 


 


私はこのシリーズはすべて劇場で鑑賞していますが、今回の作品はね、シュワちゃんが復帰していなかったらスルーするつもりでした。
今回の『新起動/ジェニシス』、まったく期待していなかったのでめちゃくちゃ面白かった。
補足すると、主役がアーノルド・シュワルツェネッガーだから面白いんです。


 1作目の冒頭、核戦争後の未来で機械と人類が戦争しているんですが、1984年のロサンゼルスに二人の男がやってくる。ひとりはシュワちゃん演じる殺人機械。もうひとりは人類の救世主の母親になるサラを守りに来た未来戦士カイル。
今回の『新起動/ジェニシス』は、その前日譚から始まる。
どのようにして二人の男が時空を超えたのかが丁寧に描写される。
そして・・・。


 あの名作『ターミネーター』で描かれた1984年の物語のパロディなんやないか?という、名場面の数々をいじくりまくった超面白場面の連続で序盤は進む。
この映画の面白さはね、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のようなタイムトラベルの面白さなんですよ。ものごっつい無理のある展開の連続なんですが(爆汗)・・・。


なんといっても微笑ましいのは、サラを9歳のときから守り続け、そのサラからオジサンと呼ばれ全幅の信頼を寄せられているシュワちゃんターミネーターの存在。
ちゃんと時代に合わせて老けていくんですよ・・・役名オジサンのシュワちゃんターミネーターは(爆)・・・。


同じ場面に同一人物が混同する中盤以降は少しややこしいんですが、この作品のシュワちゃんの復帰、私は大成功だと思いました。
アクションに頼らず、1作目のようにお話の面白さで勝負したところには好感が持てた。


 


[2015年、7月10日、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』、TOHOシネマズ梅田・シアター2にて鑑賞]  





                              ↑
2029年、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)率いる人類軍は、反乱を起こした人工知能スカイネットとの戦いを制する。
しかし、スカイネットはジョンの母親であるサラを抹殺するために、1984年のロスにターミネーターを送り込んだ後だった。
サラを守る為に、戦士カイル(ジェイ・コートニー)は志願して1984年へと旅立つ。









1984年のロサンゼルス、そこは1作目の『ターミネーター』の世界なんですね。
ところが、1作目のターミネーターに、もう一体のターミネーターが挑みかかって、あの1作目のターミネーターを簡単に倒してしまうという爆笑必至の場面が展開する。






液体金属の新型ターミネーターに襲われるカイルは、守りにきたはずの人サラ(エミリア・クラーク)に助けられる(超爆)・・・。
このシーンは、あの名セリフの逆転とともにめっちゃシビれる。
サラは終始行動を共にする旧型ターミネーターの事をオジサンと呼ぶ(笑)・・・。







今回、Тー1000型ターミネーターを演じたイ・ビョンホン。
宣材から姿を消されたとか、その扱いが疑問視されていましたが、作品の中での扱いも酷いものやった。






実はサラ、何者かに送られてきた旧型ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)に9歳の時に救われ、以後、未来を変えるべく行動を共にしていたんですね。
だから1作目の名場面の数々に変化が起きてるという設定の無茶ぶりはおもろい。







2017年の世界に飛んだサラとカイルは、なんとジョンと遭遇する。
再会を喜ぶ三人ですが、実はジョンは新しいタイプのターミネーターだった。
合流したオジサンと共に、サラとカイルは苦戦を強いられる。








この作品のカイル、実はジョンの父親が自分であることを知らない。
サラとカイルの運命を知るオジサンは、やたらと二人に「合体はまだか?」と言うんですよね・・・つまり、早く恋仲になってエッチしろよという意味(爆)・・・。







あのJ・K・シモンズがね、重要な役で登場するんですが、実は彼のその後も含めて、サラとカイルの恋の行方など、数々の謎が放置されたままこの作品は終わる。
おもいっきりシリーズ化を睨んだ展開に終始している。







今回サラ・コナーを演じたエミリア・クラークは、旧作のリンダ・ハミルトンとはまったくタイプが違うんですが、今回の変化した物語のサラとしては適役だったと思う。






なぜ?誰が?サラを守る為に未来から送ってきたのか?という旧型ターミネーターを演じたシュワちゃんが実にいい。
ブランクからアクション映画に復帰したシュワちゃんは、年齢的にも少し引いた芝居に変わった。
そういう近年のシュワちゃんの枯れた部分が良い意味で作品に活かされてました。
まるでね、アルプスの少女ハイジを守る、戦うオンジのようなスタンスなんよね・・・。

タイム・パラドックス的な部分も含めて、細かいところにツッコミを入れる人には納得のいかん物語なんやろうけど(超爆)、シリーズに親しんできたファンは楽しめる作品になってる。
この作品はね、すべて逆転の発想なんです。
旧作の面白い部分を見事に逆手にとってる。
個人的には、やはりシュワちゃんターミネーターの見事な復活劇に拍手やね・・・。




帰りの駅のコンコースも、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』一色でした。


 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

月別アーカイブ