FC2ブログ

記事一覧

『ナイチンゲール』

IMG_20200403_0001.jpg

 

IMG_7942 (2) 
IMG_7926.jpg IMG_7928 (2) IMG_7930 (2)
IMG_7931 (2) IMG_7936 (2) IMG_7938 (2)

2020年4月4日、土曜日、シネ・リーブル梅田の様子です。
相変わらず自粛ムードですが、大阪でも指折りの観光名所、梅田スカイビルは見事に閑散としていて・・・。
シネ・リーブル梅田は「3密」を解消しようとご覧のように座席間隔を空けての販売で。
暇な野郎たちが詰めかけた『ナイチンゲール』も、ご覧のようにオッサンたちの頭がひとつ飛ばしで並んでる(笑)・・・。
やはり他のシネコンがみんな臨時休業なので、じっとしていられない映画ファンがチラホラ来ておられました。
ちなみに、珍しくシネ・リーブル梅田のスクリーンがシネスコ・ワイドに最初からなっているなと思っていたら、『ナイチンゲール』という映画は今では珍しいスタンダード・サイズ(真四角)の作品で笑った・・・。


『ナイチンゲール』
解説:第75回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞とマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)に輝いたスリラー。『ババドック ~暗闇の魔物~』などのジェニファー・ケント監督が、流刑地の女性虐待と先住民の迫害の歴史を映し出す。ドラマ「ジーニアス:ピカソ」などのアシュリン・フランチオージ、『あと1センチの恋』などのサム・クラフリンらが出演。

あらすじ:19世紀のオーストラリア。アイルランド人の若い女囚クレア(アシュリン・フランチオージ)は、英国軍の将校たちから暴行を受けた上に、夫と子供を殺されてしまう。復讐(ふくしゅう)を決意した彼女は、逃亡した将校らを追うために、植民政策により虐げられている先住民アボリジニの青年ビリー(ベイカリ・ガナンバー)に道案内を依頼する。理不尽に全てを奪われた二人はタスマニアの過酷な森をさまよい、加害者たちを追い詰める。

88259188_220753162403406_8937061560356284355_n.jpg 

19世紀。
冒頭からご主人様らしき人に小言を言われている赤子のお母さんクレアは、ワケあり女感がたっぷりでね。
「すべてを失う事が一番怖い」というクレアはアイルランド人で、同郷の夫エイデンと共に小さな盗みを働いた罪でオーストラリアのタスマニアの森の中で生活している。つまりクレアたち夫婦にとってタスマニアは流刑地なんですよね。ソコは重要ポイント。
厳しい軍規で駐屯する英国将校のホーキンス中尉(サム・クラフリン)は、刑期を終えたエイデンとクレアを自由(保釈)にしなかった。なぜかというと、澄んだ歌声と美貌を持つクレアを、影で手籠めにしていたから。
ある夜、釈放の事でエイデンと揉めたホーキンスは、エイデンの目の前でクレアを犯した挙句にエイデンを射殺し、ホーキンスに𠮟責された下士官ははずみでクレアの赤ん坊を殺してしまった。自らも瀕死のクレアは復讐を誓い、先住民アボリジニの青年ビリーを全財産で雇う。クレアは出世を目論むが素行不良がばれて失墜し、直訴する為に上官のいるローンセストンを目指したホーキンスの小隊を追い、原野を行く・・・というお話。

女性監督ジェニファー・ケントが描くこの映画、私はレイプ犯罪に付き物の女性の復讐ホラー・サスペンスドラマやと思ってたんですよ。
ところが少し違った。
軽犯罪者が罪を償う19世紀のでの流刑地での差別と闘いを描いた、レオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇えりし者』のテイストに近い映画でした。
オーストラリアとカナダとアメリカの合作だという2018年度のこの映画、136分の後半が急速にテンポダウンするので150分の大作に感じてしまうのが少し難点なのですが・・・。
いつの時代であっても、権力を笠に着た弾圧や理不尽な暴力や殺戮は許さんという人間の愚かな部分に鋭くメスを入れた作品やと思いますね・・・。歴史的検証に裏打ちされた民族たちの風習や差別も含めて、たいへん面白い大作映画でした。

[2020年4月4日、『ナイチンゲール』、シネ・リーブル梅田④にて鑑賞]

371505_002.jpg 371505_005.jpg

冒頭から小さな田舎町に駐屯する英国の将校たちの姿が浮いていて異様。
中尉の腰巾着みたいな士官ルース(デイモン・ヘリマン)に厳しく鍛え上げられる兵士たちを、村人たちに請われた流刑囚のクレアたちがもてなすというのも、どこか異様で、そんなクレアがバンビや小鳥を前にしたオリビア・ニュートンジョンのような澄んだ美声で歌うのもさらに異様(汗)・・・。
弱々しくセーラームーン姿が似合うメドベージェワ選手みたいなルックスのクレアなのですが、強盗の前科があるだけに、やはり気が強い一面もある・・・。


371505_004.jpg 

こいつ! 英国軍中尉ホーキンス、最初はクレアの歌声に聞き惚れる紳士なのかと思う佇まいなのですが、裏では釈放をちらつかせてクレアを犯すなかなかのサディストなんですよね。
ホーキンスはクレアの事も含めてエイデンとトラブルになり、殺人を犯した事を上官に咎められて出世の道を断たれそうになり、さらに軍上層部に直訴するため、隊より先にローンセストンという地を目指す。
イケメンの極悪人を、あの『人生はシネマティック!』や『世界一キライなあなたに』のサム・クラフリンが怪演!


371505_003.jpg 371505_001.jpg

夫エイデンと赤ん坊を殺されたクレアは当然、復讐を誓い、ホーキンスたちの小隊を追うのですが・・・。
ローンセストンまでの道のりは険しい原野で、原住民たちや略奪者たちの住処を越えなければならない。
クレアは有り金を集め、先住民アボリジニの青年ビリーをガイドに雇う。
ただでさえ黒人は奴隷のように扱われていた時代、白人女のクレアとビリーの関係、最初はいびつなものでしたが、クレアの目的が復讐だと知ったビリーは、同じような白人に対する感情を持つ為に、なんと復讐心の部分で共感し合えるようになるんですね。
この二人の友情物語は、長丁場を見せ切るのに大変貢献していたと思います。


nightingale-2.jpg 

この馬も夫エイデンの形見で、クレアとビリーと馬は、まるでRPGの旅の仲間のような絆で結ばれていく。
実はその事が物語を脱線させていき、クレアの復讐心の炎を萎えさせていき、違うメッセージの人生論みたいな映画に変わっていくからビックリしました(爆汗)・・・。
この映画は虐げられてきた者たちが夜明けに向かっていく物語なんですよね・・・。
2018年の映画なので、色んな少数派たちの哀しみに満ちた心の叫びがテーマになってます。



DjKPTCjUwAA3CbK.jpg thenightingale.jpg

第75回ベネチア国際映画祭で賞に輝いたようですね。
クレアを演じたアイスリング・フランシオシは、復讐心が旅の過酷さに負けそうになるという女のか弱さを等身大で見せてくれて、凄くリアルでした。
赤ん坊の復讐をクレアが執拗に遂げたとき、クレアに殺される若き兵士が最後に発する言葉がなんともやりきれない。

まだキャリアの浅い女性監督の作品なので、壮大な大河ドラマのような語り口に予算が追いついていない・・・みたいな息切れクライマックスが少し残念なのですが、凄く人の心を惹きつける映画だと思いました。


IMG_7940.jpg IMG_7941.jpg


春らしい陽気で、あちこちの公園で、子供さんを連れたママさんたちを中心に花見を楽しんでいる人が町のあちこちでチラホラ・・・。


スポンサーサイト



コメント

アルチンゲールです

大阪は今頃が桜満開でしょうかね。
桜にはやっぱり癒されます。
ナイチンゲール...頭の片隅にあったかな。
面白そうです。
今はなかなか劇場にも行けそうにないですが、観てみたいですね。

TEETEEさん、毎度です。

今もミナミに行ってきたら、アメリカ村の三角公園がガラガラで、各地域の公園で花見する人がチラホラ。その外での飲食が怖いんやでとは言えない(汗)・・・。
関東は映画館殆どお休みですもんね。
関西も当分はミニシアターでの映画鑑賞になりそうです。

女囚さそり、かとおもいきや

話の方向性が、ちがってくのは面白いですね。後半戦の友情が絡んで、復讐心が萎えてく感じって、失速してしまいそうだから、その辺どうなってくか気になる。劇場で、コロナで一つ飛ばしにすわってる光景ってイレギュラーだけど、こんなのなかなかみれないね。

キモサベ毎度!

真面目な話、映画に少し人がいる以外はガラガラ。
映画観てる最中も咳きできないし緊張感ある。
同じビル内で確定申告やってるんやけど、そっちのほうがヤバいよね。
映画の方は面白い作品でした。もう少し切ってたらテンポも良くて完成度が上がったと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ