FC2ブログ

記事一覧

『ランボー 最後の戦場』

100218000027-0.jpg 20120608_74cc24.jpg

チラシ2種です。





『ランボー 最後の戦場』
解説:“世界最強の一人軍隊”として、アンチヒーロー像を世に示し、大ヒットした『ランボー』シリーズの第4弾。シルベスター・スタローンが、監督、脚本、主演の3役をこなし、およそ20年ぶりに“孤高の戦士”ランボーをスクリーンによみがえらせた。ミャンマーのジャングルを駆け回り、次々に敵を倒していくランボーの姿は、とても還暦を迎えたスタローンが演じているとは思えないほど激しく迫力満点。

あらすじ:軍事政権下のミャンマーで、ある闇の存在が明らかになる。アメリカ政府は、各国の精鋭傭兵部隊を組織し、事態の鎮圧に乗り出した。最新装備を誇る隊員たちの中、1人手製のナイフと弓矢を武器に、孤独な戦いを繰り広げるジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)。残忍な殺りくを繰り返す敵を前に、ランボーの最後の戦いが始まった……。






シルベスター・スタローンのヒットシリーズ第5弾『ランボー:ラストブラッド』の公開を前に、先日深夜テレビで第4作目の『最後の戦場』を放映していました。
私、2008年に20年ぶりに製作されたという、『最後の戦場』は見逃していましたので、『ラストブラッド』の劇場鑑賞を前におさらいしてみました。

冒頭、独裁者による軍事政権のあおりを受けて、罪もない村民たちが傷ついているドキュメンタリー場面が挿入されています。
タイ北部でコブラを捕獲したりなんかして、船の操縦で生計を立てているジョン・ランボーの姿が描写される。
そんなランボーをキリスト教系列のNGО(非政府組織)のメンバー達が訪ねてくる。
隣国のミャンマーまでの川下り兼道案内をランボーに頼む為。
リーダーである医師のマイケル(ポール・シュルツ)は、あまりのランボーの愛想の無さに退散しようとするのですが、なぜか紅一点のサラ(ジュリー・ベンツ)はしつこくランボーに食い下がる。
根負けしたランボーは、途中でゲリラと戦闘になりながらも、なんとかサラたちをミャンマーの村まで送り届ける。
しかし数日後、ランボーはアメリカから派遣されてきた牧師から、NGОのメンバーたちがミャンマー軍の捕虜にされた事を聞かされる。
NGО救出の為にタイに出動してきた傭兵たちを乗せ、再びランボーは『地獄の黙示録』のウィラード大尉のように、船を走らせる・・・というお話。

コレ、なぜかネット上では評判悪いみたいですが、私はシリーズで一番面白かったです。
と言いますのは、この作品はシリーズで唯一、スタローン自身が監督している。
私、スタローンの脚本・監督作品はむちゃくちゃ好きだし、彼の演出力は高く評価しています。とにかくシンプルで分かりやすく、見ていて血沸き肉躍る熱い物語になってるから。
見る者が感情移入しやすいように、紅一点で、戦場では性奴隷としか扱われないであろうサラの救出劇の使い方が上手い。
どうしてジョン・ランボーはサラに心を動かされたのか?という答えが、1作目の主題歌音楽をバックにしたラストシーンに繋がっているのはさすが。お見事!



327928_01_03.jpg307882.jpg   
327928_01_10.jpg 2008_john_rambo_005-1024x683.jpg

やはり単純に、ランボーが自分の心を動かされたサラを救出するという映画だと思って見れば楽しめる。
ランボーはNGОのサラたちを英雄気取りのボランティアだと最初は毛嫌いしている。
(波風を立てたくないというオーラ全開の、冒頭の総てにおいて無関心なランボーの良い味が、後に活きてる)
ところが罪もない村民が虐殺されているというミャンマーの惨状を含む、「世界を変えたい」というサラの言葉、「恵まれて生きて来た私の義務だと思っている」に、最初は「それは戦場を知らない人間の幻想だ」と反発するランボーなんですが、根っこの部分の願いや想いが同じだと感じたランボーは、サラの熱意に負ける。
そういう、“お金に左右されない心”や“人を信じる力”を描かせたら、シルベスター・スタローンという映画作家は上手い。


85f694b8b2a57d7436ba16aae041130e.jpg dsewqqq.jpg 20101008_621738.jpg

同じ川を2度渡るランボーの行程は『地獄の黙示録』のようであり、ミャンマー軍が捕虜を痛めつけるシーンは『ディアハンター』のロシアンルーレットの恐怖場面を彷彿とさせる。
色んな武器や爆薬が登場するこの作品は人体損壊シーンが頻繁で強烈なんですが、ランボーが弓を撃つとやはりカッコいいんですよね。
全編汗みどろで泥まみれの、スタローンの動きも若い。



41B0Bb2Qc4L__AC_.jpg rambo4al.jpg
 

無理やり感が強いサラの説教に近いランボーに対する言葉も、サラがキリスト教系列の運動家だからという部分で説得力がありました。
「あなたが生きている事にも、ちゃんと意味があるのよ」というサラの言葉を胸に、ラスト、故郷に帰ったランボーの穏やかな表情がいい。
これで終わったという締め方でもあるが、『ラストブラッド』に続くようですね(汗)・・・。
いや~、でも、とても『ラストブラッド』が楽しみです(笑)・・・。


スポンサーサイト



コメント

ランボー

最新作はまだ未見ですが、めちゃくちゃ期待してます
その期待をさせる要因がこの作品の存在です
とにかく五体満足で死ぬ悪党が皆無なほどのランボーの大暴れはまさかの私のその年のベストワンでした
今回も嫌でも期待してしまいますね
楽しみです

キングさん毎度です。

この「最後の戦場」は面白いですね!
今回の「ラストブラッド」も、細かい所にこだわらなければ、クレイジーでおもろかったです。
繊細な戦闘マシーンであるランボーはトラウマ抱えたサイコさんでもありますから。

ランボー

実はランボーのシリーズは一作目以外みたことなくて、なんとなく機会を失ってたのと、1作目ってすごくカラーのちがうはなしだったから、あのテイストからは変わっちゃってんじゃん?と、おもってたのとで無理にはみようと思わなかったんですよね。でもこの解説みたらなんだかめっちゃみたくなりましたね。監督がスタローン作品なんだね。最初は毛嫌いしつつ、表にはでないけど同じ思いに共感できる、ってことが熱い。いいわ。探してみてみようかな。

キモサベ毎度!

私も実はスケールアップした三作目まではあまり好みではなく、一作目に帰っていくこのお話の方がノレる。
だんだんお話がシンプルでわかりやすいし。
ランボー・シリーズはドMなキモサベ向き(笑)
この作品は今、ネットで無量配信されてるから見れますよ。私は深夜放送の吹き替えで見たんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

月別アーカイブ