FC2ブログ

記事一覧

『千と千尋の神隠し』をスクリーン鑑賞しました。

注! この記事は映画レビューではございません。

2ea5652e220b7fa45c186c3cbcdd9ee66efed90b.jpg 

『千と千尋の神隠し』

解説・あらすじ:両親と共に引越し先の新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか“不思議の町”へと迷い込んでしまう。その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。が、彼らは“不思議の町”の掟を破ったために豚にされてしまい……。巨匠・宮崎駿監督が前作「もののけ姫」とは対照的に、現代日本を舞台に少女の成長と友愛の物語を描く、“自分探し”の冒険ファンタジー。


mんbhy6

初公開時(2001年)の関西版新聞広告です。


IMG_8689 (2) IMG_8690 (2) IMG_8691 (2) IMG_8695.jpg IMG_8697.jpg IMG_8696 (2) IMG_8699 (2) IMG_8700 (2)

2020年6月29日、月曜日、TOHOシネマズ梅田の様子です。
実は今回初めて劇場のスクリーンにて、念願叶って鑑賞できた『千と千尋の神隠し』、ギリギリまで鑑賞するか迷いました。
ようやくテレビ放送時に最後まで眺めて凄い映画やなと感動して、初公開時の梅田スカラ座の様子などをまとめて、昨年かな?当ブログで記事にしたら、とんでもない基地外ババアからのクソ汚い内緒コメントで記事も作品もえらい侮辱されてね。
あの時はブチ切れてホンマにブログなんか消したろうと思ったし、『千と千尋の神隠し』も封印しようかなと思った。
しかし昨日、同じ劇場で『もののけ姫』の素晴らしさに感動したとき、後悔するのが嫌なもんで、急遽観る事に決めました。
TOHOシネマズ梅田のスクリーン②番だから決め手になりましたし。
旧・梅田スカラ座のスクリーンに『千と千尋の神隠し』が、約20年ぶりに帰ってきたわけやからね。
この機会は絶対にスルー出来んと思った。

202003KGSVcPaXGv.jpg rectangle_large_type_2_c274f4ad29be003abe2cbf026d47210b.jpg 348444.jpg rectangle_large_type_2_42b847b6b1f9f976732e1d741952bd6d.jpg 千と千尋3 yI6D9Tf7KFZ1bYqKv831jl9jqfDUGK7wiCyZvsWX.jpg   


最初は車の後部座席でぶんむくれていた千尋。
宮崎駿監督は、劇中の千尋と同年代の女の子たちに見せる為にこの映画を作ったらしい。
“不思議の町”へ彷徨いこんだ千尋が、“可愛い子には旅をさせよ”の究極版を経て(爆)、一皮むけて、しっかりとした足取りで現生に戻るまでが描かれているわけですが・・・。
私が最初にアルバイトしてお金を稼ぎたいとか思って、大人の世話になりながら労働した日々を思い出せるから、この映画はむちゃくちゃ好きやね。
社会に出る為に必要なベーシックな事を、かなり作り手は千尋を通して教えてくれます。
「はいとかお世話になりましたとか、ありがとうとか、ちゃんと言えるようになりなさい」とね。
で、かなりクセのある不思議の町の人々の根が優しいことね。この映画はソコに尽きる。みんなの根っこに愛がある。





64-l2.jpg 


「千」と名を変えられた千尋は先輩から、「ここにいるのなら、帰りたいとか泣き言を言わず、働きたいと言いなさい」って。
で、ジッと耐え忍びながら頑張る千尋が、こらえきれず人前で泣くシーンが3回ほどある。
その各シーンが凄く良くてね・・・どうしても人前で泣いてしまう人生の場面って、価値あるものだと気づかせてくれる。
ここに内緒コメして私を怒らせた、成金の死にぞこないババアなんかには絶対に分からない映画でしょうな(笑)・・・。


私、テレビで見るときは字幕でセリフを追い、音は聞こえていない。
だから今回初めてスクリーンで観て、久石譲の音楽も初めて聴くので、色んな意味で初めて見るようでした。



あの『もののけ姫』の次が『千と千尋の神隠し』でしょ?
『生きる』の次に『七人の侍』を撮った黒澤明監督のようですよね。神がかり的です。


[2020年6月29日、『千と千尋の神隠し』、TOHOシネマズ梅田・スクリーン②にて鑑賞]
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どこの内緒さんかと思えば、毎度(笑)

いつもありがとうございます。
ホンマにとんでもない人がいますね。しかも金持ちの上級国民だと勘違いしてるやつが、私を上から君呼ばわりやし(爆)
やはり、私の記事もそうですが、作品に泥を塗るようなコメントは作品のイメージも変えてしまいますので、困りますね。
ジブリを二日続けて見た私の寛大なこと(爆)・・・。

基地の外は、無限の宇宙

そんなことあったのね、この作品を見れない宇宙人並みに、感性の変わった人なのね。さすが、地球にすんでないだけある。私は、駿作品のドストライクで、育ってきたので、駿さん魂(努力して成長するとか、困難を乗り越えていくとか、自然や田舎や人間を愛してるとか)のこもってるジブリ作品は本当に感動して、何度もみれます。
この千と千尋の神隠しは、彼女の成長する姿と、愛すべき化け物たち(笑)がとても素敵だよね。さめこがとてもすきな作品です。

キモサベ毎度!

私はこのような映画を観て感動すると、やはり作り手がターゲットにした人達に大いに感じてほしいと願います。
そういう意味では、宮崎駿監督作品は血肉になっているキモサベとさめこちゃんは明朗で良い人たちやもんね。
私は数多くの愛らしいキャラの中でも、菅原文太さんが吹き替えた釜爺が最高やった。あの「愛だよ」の連呼は文太さんのアドリブかもしれんね。
これと『もののけ姫』は映画館で観るべき映画やわ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ