FC2ブログ

記事一覧

弦楽のためのアダージョ

1Z03OIXA.png fc2blog_20200728180416d28.jpg

弦楽のためのアダージョ / Adagio for Strings Op.11 / Samuel Barber

 

https://www.youtube.com/watch?v=BV37qZki31Uhttps://www.youtube.com/watch?v=BV37qZki31U

 



fc2blog_20200728180415216.jpg 
先日、映画『エレファント・マン』のリバイバル公開を劇場鑑賞して、後半の一番重要なシーンで上記の音楽が流れていて、昔テレビで見て以来の鑑賞でしたので驚きまして。

この曲、昔調べた時に、欧米ではよくお葬式に流される定番曲だと書かれていて、その時も驚いたんですわ。


fc2blog_2020072818041582a.jpg 

私がこの『弦楽のためのアダージョ』という曲を初めて聴いたのが、映画『プラトーン』の予告編でした。
本編でもタイトルバックとエンドロールなどで効果的に使われているというか、これぞ映画『プラトーン』のテーマ曲という感じで。
私、映画『プラトーン』は劇場で5回くらい観た。それほどヤラれたんです。
凄い衝撃を受けた映画で、オスカー受賞作なんて肩書が邪魔なほどの名作です。

この『弦楽のためのアダージョ』を聴きたい為に買った『プラトーン』のサントラも、死ぬほど聴きましたね。
私はそれまで古い楽曲のルーツを遡るのが、どちらかと言えば嫌いで、映画『プラトーン』に登場する小隊の兵士たちが戦場でラリった状態で聴くサイケデリック・ロックなんてあんまり興味なかった。
しかし、このサントラに収録されているモータウンの名曲だとか、ジェファーソン・エアプレインとかドアーズとかベルベット・アンダーグラウンドに、以後どっぷりとハマった。

この『弦楽のためのアダージョ』という楽曲、作者は「葬式用の曲ではない」と大変ご立腹なんだそうですが・・・。
実は映画にはよく用いられているそうで、邦画でも園子温監督の『ヒミズ』とかで使用されていました。
スポンサーサイト



コメント

いい曲だよね

葬式かぁ、アメリカではそうなんだ?うーん、まあ、たしかに暗い感じもするけどさ。この曲には、なんか水の流れをみてるみたいな、炎の揺らぎをみてるような、実は荒々しいものなのに、表向きは静かで穏和な感じに見せてるような怖さがあるんだよね。だからきいてて、少しドキドキするのがきもちいい。
エレファントマンの曲なのか、すっかりプラトーンの曲だとおもってたよ

キモサベ毎度!

調べてみたら、ジョン・F・ケネディ大統領の葬儀で流されたのが有名で、定着したらしいです。
いろんな場所や映画で使用されているようですが、私的にも映画『プラトーン』のイメージが強いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ