FC2ブログ

記事一覧

『すばらしき世界』

IMG_20210225_0003.jpg 
IMG_20210225_0004.jpg IMG_20210225_0005.jpg 

1枚チラシと二つ折りチラシの両表紙です。


IMG_1416.jpgIMG_1417.jpgIMG_1419.jpgIMG_1425.jpgIMG_1421.jpg

2021年2月28日、日曜日、なんばパークスシネマ・スクリーン⑪の様子です。
映画『すばらしき世界』、大阪では今日と3月1日の二日間の各一回、日本語字幕付き上映があります。
私はこの日の上映に合わせて待ってました。私は何事も後出しは嫌いなので、映画を公開日より遅れて見るほど抵抗があるのですが(こうやって観ては記事にする兼ね合いもあります)、やはり補聴器をつけて観ても、字幕がないと聞きとれない箇所が幾つもありますので。面白いのは、バスのアナウンスだとか雑踏の音とか、字幕の場合は教えてくれるのですが、役所広司さんがソープに行く素晴らしいシーンにて(爆汗)、[フェラチオの音]と字幕を入れたのは、革命的ファインプレーやと思いましたよ(爆)・・・。
私の耳がダンボになってたもん(超爆)・・・。

『すばらしき世界』
解説:『ゆれる』『永い言い訳』などの西川美和が脚本と監督を手掛け、佐木隆三の小説「身分帳」を原案に描く人間ドラマ。原案の舞台を約35年後の現代に設定し、13年の刑期を終えた元殺人犯の出所後の日々を描く。『孤狼の血』などの役所広司が主演を務め、テレビディレクターを『静かな雨』などの仲野太賀、テレビプロデューサーを『MOTHER マザー』などの長澤まさみが演じている。橋爪功、梶芽衣子、六角精児らも名を連ねる。

あらすじ:下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた。


news_03b.jpg 

もうあちこちで絶賛レビューがあがっていると思いますから、私はあまり作品の内容案内は書きません。
興味ない方はスルーしてください。ネタバレ要素も含んでおりますし。
先月、初めて字幕付きの邦画として観た映画『ヤクザと家族』を記事にしたとき、「今年はこの作品を超える邦画は出てこないんじゃないか?」と私は書いた。
時を同じくして、『哀愁しんでれら』の記事内で、「西川美和監督作は『永い言い訳』を観て私はこの人とは感性がまるで合わない」とも書いたのですが、この『すばらしき世界』という映画は、佐木隆三さんのノンフィクション小説が原作だから、私は観ると決めてはいた。
私、特に映画などは比較で評価する事は避けたいと思っているのですが、ヤクザが生きた3つの時代を映画化した『ヤクザと家族』、主人公が堅気になれずに社会からつまはじきにされるその第3幕と、それを掘り下げたような映画『すばらしき世界』は内容が被ってるんですが、タイプの違う作風でがっぷり四つ! 早くも『ヤクザと家族』と肩を並べる日本映画の傑作『すばらしき世界』に出会えて、今私は無茶苦茶興奮しています。

刑務所の看守に大声で返事を返し、高校野球甲子園の入場行進する球児よりも高く腕を振り上げて、行進歩きする囚人の三上を見て、日本の刑務所では今だにそういう軍隊みたいな規律でやっとんかいと。これから出所する三上は余計に“昭和の老害扱いされて苦しむぞ”と思って私は見ていた。
親の愛情を知らずに育った三上は奇跡的に優しい男なのだが、短気で真っすぐすぎるから、他人とすぐに衝突する、今の社会や教育が一番敬遠したがるめんどくさいおっちゃんなんです。
重度の高血圧症で、車の仕事に就きたいのに免許証を失効している三上は、身元保証人の勧めで生活保護を受給し、古いアパートで暮らし始める。

そんな三上はテレビ番組を見て、4歳のときに離別した母親を捜してほしいと自分の刑務所時代の「身分書」をテレビ局に送りつけた事からテレビプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)に目をつけられ、ネタをリークされたテレビマンの津乃田は、お金に困る三上に取材を申し込み、以後密着するようになるんですね。
物語は、生活保護を嫌い、男気の強い三上の悪戦苦闘を描くわけですが、殺人を犯して13年も刑務所にいて、微塵も反省していない三上は社会の壁に何度もぶち当たって跳ね返されるという事を繰り返すうち、ついにはかつての反社会的な世界に舞い戻ろうとしてしまう。

しかし、出所後の三上に「逃げることも立派な正攻法」だと説く、彼と正面からぶつかって逃げなかった人たちの心がね、彼を大きな空の下に踏みとどまらせるというお話なんですわ。
私は人を殺めた事はありませんが、小細工が嫌いで人と衝突を繰り返す三上には共感を超えて、まるで自分がこの映画の人達に諭されているような錯覚を覚えるほどで(爆汗)・・・。
この映画、気骨のある男が底辺でもがく様子を女性監督が描いていて、「やっぱりこの監督さんはわかってないな」と思う描写が全編を貫いてはいるんですが、三上という男が女性に救われている部分であるとか、母親の愛情を渇望していた三上を女性監督が優しく抱きしめたという部分こそがこの映画の本質で、「わあ、マジで素晴らしい」と私が涙した部分やった。そして、この映画の素晴らしさって、役所広司さんの凄さですよ。
役所さん演じる三上に、煮えたぎる血をぶっかけられ、骨で頭をガツンと殴られた感じがして、私は役者の演技を見て久々に身震いしました。
最後、そんな役所さん演じる三上に、作り手はコスモスを添えるなんて(涙)・・・。

私、別に元囚人でもなんでもないけど、現実ってホンマはもっと汚くて厳しくて優しくもないんです。みなさんもよく知るように。だからこそ、映画ってこれでいいと思います。

[2021年、2月28日、『すばらしき世界』、なんばパークスシネマ・スクリーン⑪にて鑑賞]


373211_001.png 373211_002.png  

三上を取材するテレビ側の描写は、あんまり物語に活かされているとは言い難いんやけど、シャバに13年ぶりにでてきた三上と社会を繋ぐ役割としては面白い肉付けやと思いました。
取材する冴えない男を演じた仲野太賀はグッジョブでした。
この映画には慈悲に溢れた優しい女が何人も登場するのですが、長澤まさみ演じる女だけはクソ最低!


kaji.jpg yasuda.jpg kimura.jpg kitamura.jpg 

この映画の序盤に登場し、最後には歌まで披露してくれる梶芽衣子さんの出演は私的に大きかった。
その存在感で、「あなたがこの女性監督にいちゃもんがあるのは分かるけど、私が出てるから今回は信用して。色眼鏡を外してご覧なさいよ」と、私は釘を刺された気がしたもんで(爆汗)・・・。
安田成美さん演じた三上の元妻の最後の電話も、作り手の三上に対する優しさですよね。
で、三上の極道時代の姐さんを演じたキムラ緑子という女優さん、白川和子さんに似てるんですが、その姐さんが三上を堅気に踏みとどまらせた言葉に私はグッときた!
あれは苦しい時や最高な時に、なぜか空を見上げた事のある人間の心には響きますよ。
で、三上のケースワーカーを演じた人、味があってええなあと思っていたら、なんと『ヤクザと家族』で綾野剛演じるヤクザの兄貴分を好演していた北村有起哉ではありませんか?ふり幅大きすぎて、誰かわからんかったで(爆)・・・。
彼は凄く良いなと思って調べたら、あの名バイプレーヤー北村和夫さんの息子さんなんですよね!



373211_007.png 373211_003.png 

六角精児さん演じるスーパーマーケットの店長と三上の交流シーンの数々も凄くいい。
町内会長も務めるスーパーマーケットの店長は、周りの噂から色眼鏡で見ていた三上を万引き犯扱いにする。そこで潔白を激高しながら証明しようとする三上のストレートさに、人間として惹かれる。ソコは理屈じゃないから表現するのは難しいのに、この映画の二人の絡みは神業レベルで最高だった。

いつの間にかキレてる時が輝いてるくらいの俳優さんなった役所広司さん(笑)・・・。
「やはり人間は褒めてくれる人がいる世界に居つくもんですよ」って。段々素直に人を褒められない時代になっていますので、三上には共感できるところが多すぎたわ(汗)・・・。



hgd hgf 

三上はね、人を殺した元ヤクザやけど、出所するときにバスまで見送った刑務官に「ざまあみやがれ」とケツまくったように反省はせず(汗)、しかし、「俺は堅気になった」という部分では凄く喜んでいて、「普通の人間」であろうとやる気満々なわけ。
そんな三上が社会の光と影に触れて、ガンガン角を削られて加工されていく様は、見ていてやるせない部分もあるけど、これからの時代は原石がくすんだままツルツルに磨かれたとしても、丸く収まっていないと社会が受け入れてくれないという現実を、この映画はまだ“古き良き”を愛すべきと言うスタンスで描いていて、温かい目線に惹かれました。







モルモットのも~やんが最後に闘病したとき、嫁さんが仕事休めなかったんで、私が有給休暇で病院に連れて行った。
初めて昼間に私とも~やんだけで外へ出てね。
点滴打って帰りに、ペット用カバンのチャックを空けて、なぜか私は「おう、も~やん、お前はちゃんと空を見た事あるか?・・・ホレ」言うて顔出したったら、も~やんは眩しそうに空を見上げよった。まさかその半日後に亡くなるとは思わんかったな。
そういう場面も思い出させてくれた『すばらしき世界』という作品、映画『ヤクザと家族』同様、3か所くらいで涙出ましたわ・・・。

IMG_1427.jpg 















スポンサーサイト



コメント

すばらしき世界

何時も楽しみにレビューを読んでます、d2200mbです。

私も「すばらしき世界」「ヤクザと家族」観ましたよ。どっちも大変見応えのある、いい映画でしたね。(^^)

実はですね、上記2作と非常に内容が関連していて(主人公がかつて殺人の罪で刑務所に入っていたとか色々)、今関西のミニシアターを中心に異例のロングランヒットをしている映画が有るんですよ。

シアターセブンやなんばパークスシネマで上映中の「ひとくず」です。

もし機会が有れば観に行って下さい。

私は映画を観ても滅多に泣かないのですが、この映画は涙腺崩壊して泣きました。

d2200mbさん、毎度です。

『ヤクザと家族』と『すばらしき世界』、がっぷり四つで両作ともに大変見応えのある映画でした。
実は私も『ひとくず』には注目していました。縁のもんですから、今後時間が合えば見るかもしれません。
ただ邦画の場合は音が聞こえるかどうかという事情があります。
十三のアソコは音が聞こえないので、なんばパークスシネマに限定されますね。

字幕付きいいね

字幕付きはいいとおもう。映画館でどんどんやってほしい。確かに文字になると逆に耳がダンボになりそうなワードもあるけど(苦笑)実は、ネトフリみる時、音声も字幕も日本語にしてみることが多いです。そのほうが楽なんだよね。

役所さんのこの役はすごくいいなとおもってたんだよね。カタギになったからってそこにしがみつこうともがく姿、かなり心がきゅっとする。そうそう、人間ほめられる世界になびいていくものだよ。そのほうが、楽だもん。
厳しすぎる、普通にいきてくだけでも…、気になるわーみてみたいです。

キモサベ毎度!

この映画は年に数えるほどしか映画を観ない人が、これを観などないすんねんという必見作です。
凄く良い映画だった。
私的にはラスト5分前で終わってほしかった作品やけど。
字幕付きは少ないし、遅れて2回だけって、どうしても7納得できない。普通にみんな字幕付きにしてほしいですよね。字幕が見えるメガネつけるとか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

月別アーカイブ