FC2ブログ

記事一覧

『ザ・バッド・ガイズ』

IMG_20210409_0003.jpgIMG_20210409_0004.jpg

チラシ2種です。




IMG_1770.jpgIMG_1772.jpg
IMG_1775.jpg
IMG_1776.jpgIMG_1779.jpg

2021年4月12日、月曜日、シネ・マート心斎橋の様子です。
シネ・マート心斎橋は月曜メンズデーなので、仕事帰りに仮眠を挟み(笑)、映画鑑賞してきました。
ちなみに、お客さん私を入れて8人で(汗)、おばさんがひとりいました。
大阪はこれからコロナ感染者数減りますよ。街は閑散としてますもん。




『ザ・バッド・ガイズ』
解説:重罪で収監されている服役囚たちが、減刑と引き換えに警察の捜査チーム「特殊犯罪捜査課」として活躍するクライムアクション。囚人護送車の襲撃により逃亡した凶悪犯を追うメンバーが、巨大な陰謀に立ち向かう。メガホンを取ったのは『鬼はさまよう』などのソン・ヨンホ。『無双の鉄拳』などのマ・ドンソクが主演を務め、『次の朝は他人』などのキム・サンジュン、『カンナさん大成功です!』などのキム・アジュン、ドラマ「ここに来て抱きしめて」などのチャン・ギヨンらが共演する。

あらすじ:囚人たちを乗せた護送車が武装集団に襲撃され、大勢の凶悪犯たちが脱走してしまう。警察上層部は、逃亡犯たちを捕らえるため元刑事のオ・グタク(キム・サンジュン)を呼び寄せ、服役囚たちを集めた極秘プロジェクト「特殊犯罪捜査課」を始動させる。“伝説の拳”と恐れられるパク・ウンチョル(マ・ドンソク)をはじめ、くせ者ぞろいのチームは減刑を条件に捜査に協力。彼らが悪党たちを追う一方、裏では巨大な陰謀がうごめいていた。


375584_006.png


この映画のアタマ、大きな背中を丸め額に汗し、ミシンがけをする囚人ウンチョル(マブリー)はね、隣の部屋で新入りの囚人が暴れるから、「大事な直線縫いができないじゃないか!」と、ピンクの裁縫用手袋をはめた拳を握って怒る(超爆)・・・。
別の囚人たちを乗せた輸送車が武装集団に襲われ、凶悪な囚人たちが野に放たれた。
警察上層部は、秘密裏に事件を解決(もみ消す)しようと、“特別犯罪捜査課”を結成、始動させる。
がんで闘病中の元警官オ・グタクが率いる3人は、元エリート刑事に女詐欺師、そして懲役28年の伝説のヤクザ、ウンチョルなんですね。

話逸れますが(汗)、某小室さんが24ページにわたる長文をマスコミに発表し、どえらいひんしゅくを買ってますよね(爆汗)・・・。「人の振り見て我が振り直せ」の精神で、私もムキになって観た映画を伝えようと長文は避け、記事を端的にまとめますわ・・・。
この映画は冒頭のツカミがむちゃくちゃ面白いのに、実にテンポの悪い地味な、日本の刑事ドラマみたいな作品でした。
スクリーンに映った原題も「なんとかザ・ムービー」で、韓国の人気テレビドラマの映画版みたいですしね。
日本の某山口組をモデルにした黒幕(そのまま劇中ではヤマグチ組と言い、そっくりなファッションの組長も登場)といい、日本人は笑うしかない展開なんやけどね(爆汗)・・・。

[2021年4月12日、『ザ・バッド・ガイズ』、シネ・マート心斎橋②にて鑑賞]



375584_005.png375584_004.png375584_002.png375584_001.png

マ・ドンソクって、よっぽど性格が謙虚で良い人なんやと思う。
この作品ではメンバーの中の一人に徹している感で、完全に作品の歯車のひとつを貫いていた。結果、この物語は牽引者がいない感じでしまりのない語り口になってるのは残念でした。115分がダラダラ長く感じた。
ただ私にしてみれば、マ・ドンソクの出ているシーンだけで満足。やはり一応は主役やし。


バッドガイズしめ

韓国映画って、ホンマに警察をとことんバカにしていますけど、この映画も同じ(汗)・・・。
「ワシらの税金でお前らクソの役にも立たんと。お前らがこの国を腐らせている」がこの作品のテーマやから(汗)・・・。
劇中、黒幕が日本の巨大暴力団組織なので、「反日映画だ」という批評も見かけましたが、その論調はナンセンス。











スポンサーサイト



コメント

マブリーしか、勝たん!

これ、マフラーファンは、ずっと、待たされた作品だよね。なので期待してたんだけど、内容からするに、ドラマのほうが面白くなったんじゃない?って感じだね。でも、豪腕健在なら見所ありってことで。マブリーが活躍してくれればOK(笑)
キム・アジュンさんは、父さんが大好きだったんだよね。それなりに歳をとってるとおもうけど…いやー写真の彼女ったら、ナイスヒップ!ナイスバディ!やっぱり美人だなぁ。

キモサベ毎度!

この映画は他の人の感想を見てみると、皆さん褒めてますから、私のレビューはアテになりません(汗)
マブリー活躍のシーンだけはむちゃくちゃノレるんやけど。
ちょっと語り口のダルさについていけんかった。
韓国の女優さんはみんな同じに見えるくらいナイスルックスで。
でも、地球上最強のケツは上田桃子さんやね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ