FC2ブログ

記事一覧

『スーサイド・スクワッド』







↑チラシ2種です。











本日の大阪ステーションシティシネマ(スクリーン2)の様子です。
老若男女、幅広い観客層で盛況でした。
ビルの11階にあるステーションシネマ、天気の良い日は遠く六甲山も見えます。
違う山々やったらスマン(爆汗)・・・。








ムビチケとシネコン冊子です。





『スーサイド・スクワッド』
解説:DCコミックスに登場する悪役がそろい、危険な任務に挑む部隊“スーサイド・スクワッド”を結成して悪対悪のバトルを繰り広げるアクション。悪役の中でも人気抜群の『バットマン』シリーズのジョーカーをはじめ、アンチヒーローたちが減刑と引き換えに作品の垣根を越えて共に任務に挑むさまを描く。出演は、ウィル・スミス、ジャレッド・レトーら。メガホンを取るのは、『エンド・オブ・ウォッチ』『フューリー』などのデヴィッド・エアー。強烈な個性やビジュアルを持つ悪役たちのぶつかり合いに期待が高まる。
 
あらすじ:世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。
 
 
 
私がこの作品のムビチケを買った直後の先日、普通に世間のニュース記事を見ていたら、なんと外国の記者が今回私が鑑賞した『スーサイド・スクワッド』をボロクソのカスに酷評してた(爆汗)・・・。
その記者はコミックのファンらしく、特にマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインの事を、「宝の持ち腐れだ」と訳のわからない理由でめった斬りで、「ズバリ見る価値がない」とまで言い切ってたんですよ。
私はそんな三流記者の映画評なんてまったく気にしない。
原作コミックにまったく興味がないし、その記者の映画を見る視点が話にならないレベルで浅くて幼稚だったから・・・。
 
コレね、私は未見やから知らないんやけど、バットマンとかスーパーマンのお話と繋がってるみたいやね。
ヒーロー無き後の時代、政府はテロ対策で服役中の悪党を集めた特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。
恐ろしい事に、この映画はそれだけの描写に全体の約半分を費やしている(笑)・・・。
もう少し書く事があるぞ(爆汗)・・・。
その“スーサイド・スクワッドの面々が、なんと何千年も生きながらえ、地球を滅ぼそうとする魔女と戦うという、もう漫画丸出しの映画なんですよね。
私のこの記事における任務は以上!(爆)・・・と言いたいが、もう少し頑張って書いてみると・・・。
 
『特攻大作戦』と『スペース・バンパイア』を混ぜたようなこの作品ね、“スーサイド・スクワッド”の面々が普通にみんな良い人ばかりで面喰うんやけど、そいつらが活躍するこの作品は普通に面白いんですよね・・・。
なぜか?
キャラクターたちの善悪が微妙に逆転したこの物語、“スーサイド・スクワッド”を結成した女フォレスト・ウィテカーのようなおばちゃんが、「彼ら悪党に数%残っている人間らしさが厄介なのよ」と言う・・・。
その人間らしさに裏打ちされた悪党どもの姿に哀愁を感じさせた作り手はナイスやと思いますよ。
あのクィーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディー』を勝利の凱歌に起用したセンスは“買い”やね・・・。
続きはたぶん、見ないけどね(超爆)・・・。
 
[2016年、9月10日、『スーサイド・スクワッド』、大阪ステーションシティシネマ・スクリーン2にて鑑賞]













猛プッシュされているのがハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビー。
この作品、PGとかR指定になってるのかな?
頭のネジが緩いエロ姉ちゃんは良い子には刺激が強い。
この作品のハーレイ・クインはかなりの男たちのチンコに手垢をつけると思われるんやけど(爆)・・・。
どこからでも何でも入りそうな恰好がエロいだけではないのだよ(汗)・・・凄く重要な事を言うと、肩にそ~っとチンコを置いても許してくれそうな天然さがキュートなのだよ(爆汗)・・・。
そんな優しいキュートさは、作品を支配している。
私、見る前は漠然とパンキッシュかつアナーキーな映画やと思っていたので、そこは意外でした。
そういう部分のギャップが原作コミックとの間にあるんでしょうね。
“ソコ”と折り合いのつけられない人は辛いかもしれません。
所詮は漫画のリアリティーゼロですから・・・。
仲間集めの楽しさを堪能するダーク・アクション作やね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ