FC2ブログ

記事一覧

三番街シネマ3



前記事「三番街シネマ1」に引き続き、三番街シネマ3を紹介します。
(三番街シネマ2はこのブログ初期に紹介しました)









三番街シネマ3
(本来なら私が撮影した写真で紹介したかった。残念です)
キャパ500人弱ほどやったかなぁ・・・。
ご覧のように縦長構造で天井が低いため、キャパとスクリーンの大きさがまったく釣り合っていない劇場でした。
現TOHOシネマズ梅田の悪名高いシアター7とそっくりなんですよね。
音響がやたらに良いところもそっくり。
だから、その音響効果を売り物に、大作の拡大公開の時によく使用されていました。
一番驚いたのは、大阪北地区で『サタデーナイト・フィーバー』が公開されたのがたしかここでしたわ。







このシネマ3だけ後で開館された。
1977年12月オープンです。開場番組は『007私を愛したスパイ』
前記事でも紹介した通り、入れ替わりで閉館したのが旧・梅田劇場、旧・北野劇場、旧・梅田スカラ座、梅田地下劇場。だから旧・北野劇場の最後の番組も『007私を愛したスパイ』でした。





私が三番街シネマ3で初めて見た映画は、1978年暮れに見たお正月映画、『ピンクパンサー4』でした。
土曜日の学校帰りに友人とシネマ3に入ったら、立ち見の超満員で、1回目は立って見ました。
第一印象は、「なんちゅう細長くて狭い映画館」かと。
この三番街シネマは、ビルに入った三つの映画館の個性がバラバラやったところが素晴らしい。
今のどれも同じようなシネコンとはハッキリ違っていました。おもいっきり三つの映画館だった。
『ピンクパンサー4』はお客さんバカ受け。赤で統一された綺麗なロビーにある売店で、ピンクパンサーの缶ペンケースを買ったのを憶えていますわ。














私が三番街シネマ3で鑑賞した作品を並べてみましょう。

『ピンクパンサー4』 『おかしなおかしな石器人』 『愛は静けさの中に』 『バタリアン2』 
『グッドモーニング・バビロン!』 『月の輝く夜に』 『九龍の目』 『ビッグ』 『ヤングガン』 『ブロブ』 
『裸の銃を持つ男』 『ジョニー・ハンサム』 『恋人たちの予感』 『ダーク・エンジェル』 『ゴースト』
『ゲッタウェイ』 『60セカンズ』 『フロム・ヘル』 『ボーン・アイデンティティ』 『グエムル』 『スネーク・フライト』
『アポカリプト』



同じビルの中にあるからといって、昔の映画館は新聞で発表した劇場は変えなかったものなんですが、お客さんの入り具合で臨機応変に変えていたのが三番街シネマ。
その代わり、全席指定になるのが遅かったのも三番街シネマ。

シネマ3の思い出・・・。

幼い私の息子が、急に飛行機のトイレ内で始まったファックシーンに驚いて、『片腕ドラゴン』のジミー・ウォングのごとき起き上がって、前のめりで見ていた『スネーク・フライト』(超爆)・・・。

まだ大阪にちゃんとしたミニシアターがなかった頃に公開してくれた『グッドモーニング・バビロン!』という作品にすごく感動したこと。

友人と三人で『おかしなおかしな石器人』をオールナイトで観に行ったとき、チケットを買って時間調整で梅田の東通りというデンジャラスゾーンに行ったら因縁をつけられてね。
二人組に騙されて、財布を預けた友人がそいつらにかつあげされた(爆)・・・。
直接ではないんですが、私の生涯で最初で最後の恐喝をされた(超爆)・・・。
財布を盗まれた友人を責める事もできず、歩いて帰るまでに観た『おかしなおかしな石器人』、友人は笑っていたけど私ははらわた煮えくり返っていたのが強烈な思い出ですね。

三番街シネマの入った百又ビル、後年によく家族でボウリングや映画鑑賞に行ったので、今も原型は残っているんですが、中身が変わった時は寂しかったですね。
(梅田ピカデリーなんて、いまやライヴハウスに巨大クラブですからね)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ