fc2ブログ

記事一覧

『ザ・ロストシティ』

ロストシティ


IMG_5812.jpgIMG_5817.jpgIMG_5824.jpg

2022年6月26日、日曜日、なんばパークスシネマの様子です。
シアター内、最終的にもっとたくさんの人で賑わったんです。
その事が下記の記事にたいへん影響しますです(爆汗)・・・。



『ザ・ロストシティ』
解説: 『ゼロ・グラビティ』などのサンドラ・ブロックが主演と製作を兼任したアドベンチャー。新作の宣伝ツアー中に南の島へ連れ去られた女性作家が、彼女を助けに来た小説の表紙モデルの男と島から脱出すべく大冒険を繰り広げる。監督は『トム・ソーヤーの盗賊団』などのアーロン、アダム・ニー兄弟。共演には『マジック・マイク』シリーズなどのチャニング・テイタム、『スイス・アーミー・マン』などのダニエル・ラドクリフのほか、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ、ブラッド・ピットらがそろう。

あらすじ:新作の宣伝ツアーに駆り出された恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、作品の主人公を演じるセクシーな表紙モデル・アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な様子にいら立つ。そんなとき謎の実業家フェアファックス(ダニエル・ラドクリフ)が現れ、彼女は突然南の島へ連れ去られてしまう。彼は小説を読み、ロレッタが伝説の古代都市の場所を知っていると考え誘拐したのだった。一方、ロレッタの誘拐を知ったアランは彼女を助けに島へ急行し、再会した二人は脱出しようとするが、思わぬアクシデントが続発する。

えふろす1

私は半世紀も映画館に通い続ける筋金入りの映画好きで(映画オタクではない。ソコは強く言っておく)・・・。
ここのところ、観て考えさせられるという意味で良い映画が続いたので、気楽に楽しめるような映画として、大好きなスターが揃うアドベンチャー、『ザ・ロストシティ』をチョイスしました。
場内には私と同じように考えたのでしょうか、老若男女、映画ファンがたくさんいました。

アタマから“インディ・ジョーンズ”の出来損ないのようなヘビだらけの宮殿の間が描かれる。
それは恋愛冒険小説家ロレッタの作品世界の一部で、自身を投影したヒロインに絡むのは、いつも長髪のカツラを付けたセクシー男・小説の表紙モデルのアランだった。
ロレッタは新しい黒人女傑エージェントのベス(ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ)に尻を叩かれる形で、新刊の宣伝ツアーに駆り出されるのですが、なんとロレッタは大富豪フェアファックスに誘拐拉致され、南の島へ連れ去られる。
ロレッタの5年前に死別した夫が考古学者で、小説のなかには“ロストシティ”に眠る財宝の在処に対するヒントがあるとフェアファックス睨んでいた。
ロレッタは知り合いの冒険家ジャック(ブラッド・ピット)に救助を求めるのですが、同時にアランも島へやって来る。
意外に早くジャックがくたばったので(爆汗)、ロレッタはマッチョなだけで頼りにならないアランとサバイバルからの脱出を図る・・・というお話。

まず、小説の中身のようで現実らしい(汗)、物語の展開が雑過ぎる。やる気のない小学生が慌てて書いた作文みたいやねん(爆汗)・・・。
それでも、くだらないなりに笑えるとかあれば楽しめるんですが、全ての面でどこから見ても残念ながら中途半端なんです。
そういう冒険アクション映画がどういう惨状を招いたのかと言いますと・・・。
この映画のエンドタイトル、カッコいいグラフィックのもので、出演者たちを一枚看板で紹介しているのに、場内のお客さんは我先にと、見ずに通路階段に行列が出来た(爆汗)・・・。
で、よせばいいのに、そのエンドタイトルの途中で死んだはずのジャックも参加したサービス・シークエンスが登場したものだから、シアター内のひとつしかない出入り口に、戻って来た人を含む人だかりができていた(爆汗)・・・。私、あんなん初めて見たわ。
で、そのシークエンスも死ぬほどくだらなくてね(超爆)・・・。
サンドラ・ブロックが製作までして、好きな俳優を集めて撮った作品の惨状を見て、私は温かく見守っていたので、可哀想にまでなってきましたよ(涙)・・・。

[2022年6月26日、『ザ・ロストシティ』、なんばパークスシネマ・スクリーン⑥にて鑑賞]



えふろす2えふろす3

私は初対面の相手に対しても、まず良さげな部分を探して見るようにしていますので、この映画のちよっとおもろかった部分をピックアップしてみると・・・。
(逆に、重箱の隅を楊枝でほじくるような映画ブロガー多すぎ。なにが楽しくて映画観てんの?と言いたい)
意外と序盤なんかに普通に出てるブラッド・ピットの壮絶な死にざまとか(汗)・・・。
チャニング・テイタムはいつものゆるキャラで安定してますハイ(汗)・・・。
で、サンドラ・ブロック演じるロレッタはイベント用のキラキラ・ドレスのままさらわれたので、その格好のままアドベンチャーするんですが、ロレッタは“食い込み”が気になるそのドレスを最初から嫌ってんのね(爆)・・・。
その恰好、いつもならバストアップして胸を強調するサンドラが、今回は控えめでした(汗)・・・。
ダニエル・ラドクリフはハズレの少ない人なんやけど、今回は「子供みたいなのに髭面で」なんて揶揄されるだけで冴えてなかったのは残念でした。


えふろす4えふろす5

この映画に限らず、近年、あらゆる分野でユーモアが足りないし、コメディーなら笑わせるセンスがなさすぎ。
そんな中、この映画で強引な女マネージャーを演じたダヴァイン・ジョイ・ランドルフは大注目株!
この黒人巨漢女性は、今年公開された傑作映画『ザ・ユナイテッドステイツVSビリー・ホリディ』でも存在感抜群でしたが、この作品でも強烈やったですね。この人の特徴はガラ悪いねんけど、なんか笑えるんよね。吉本の女芸人みたいなノリ。
「こいつ、どこから手ぇつけてええかわからん」という雰囲気も含めて、私は大好きです(笑)・・・。


えふろす7
もうちょっとメリハリが欲しかったけど、私は好きな俳優たちを見てるだけで、「ドリフのコントみたいやな」と楽しめました。
チャニング・テイタムにヒルが吸いつくシーンでは、私の前の席のおばさん、「キャっ」てなってたしね(汗)・・・。
美魔女を保っているサンドラさんも、彼女の為にゆるキャラを通した名優たちも、これに懲りずに前を向いてや(汗)・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

月別アーカイブ