FC2ブログ

記事一覧

「マニトウ」と「さよならミス・ワイコフ」

本日の記事は、ブロ友レジェンドさんの協力による記事です。
昔懐かしい名画座のように、珍しく映画の2本立て記事ですわ。
しかし・・・
映画の内容案内ではありませんので、観覧に注意してください。資料編としてお楽しみください。
 

↑「マニトウ」のB5横型チラシです。
 

↑A4パンフです。
 
まず最初に、昨日付けのレジェンドさんの記事で紹介されていた『マニトウ』を紹介します・・・。
 
『マニトウ』
解説:平凡な女性にインディアンの悪霊ミスカマカスが宿った。恋人とインディアンの祈祷師が見守る中、やがて彼女の背中から奇怪な胎児が生まれ落ちる……。風からコンピュータまで全ての物に宿っているという精霊(マニトウ)を総動員して最強最大の悪霊に立ち向かう。
 
 『マニトウ』という作品は普通のホラー映画とは違う、あえて言うなら珍作ですね(汗)・・・1978年に公開された作品です。
私が若い頃ね、友人のフリオの部屋が友人達のたまり場やった時期があって、誰かがテレビ放送を録画した『マニトウ』のビデオを持ってきたんですよ。入れ替わり立ち替わり、いろんなヤツが来て『マニトウ』を観るんですが、そのテープが酷かったんですわ・・・。
当事から始まった2ヶ国語放送を録画したもので、ビデオデッキの対応が悪く、ホンマに2ヶ国語が同時に流れるので、何を言ってるのかサッパリ分からんのね(汗)画像も汚いし。
 
あらすじは上記の解説文のままなんですが、悪霊ミスカマカスというヤツが、まずちっこいおっさんみたいでショボく、そいつが主人公の女性の背中から産まれた途端、産んだ女性に不思議な力が宿るんですね。そして画面が宇宙空間のように変化し、主人公の女性が手から光線を発し、ミスカマカスをやっつけるという(爆)・・・手からビームですよビーム!!(爆)・・・。
私らは『マニトウ』に飽きていたんですが、近所のガキ大将が、なぜか『マニトウ』を見たがって、同じシーンを何度も観るので、みんなは『マニトウ』を嫌ってました(爆)・・・。
ちなみにそのガキ大将、ミスカマカスに顔がそっくりでね(爆)・・・。
 
 

平凡な主婦(スーザン・ストラスバーグ)の背中に腫瘍ができ、その腫瘍は大きく膨らんでいく。
 

で、主婦の背中から産まれてきたのがコイツ(汗)・・・インディアンの悪霊、ミスカマカス。
 


主婦に不思議な力が宿り、病室は宇宙空間のようになる。
主婦は裸のまま手をミスカマカスの方に向けると、手からビームを発射して退治・・・
どんな映画やねん(爆)・・・。
『アニマル大戦争』や『グリズリー』の監督でもあるウィリアム・ガードラーさん、将来が期待されていた方なんですが、この作品を手掛けた後、飛行機事故で急死し、『マニトウ』が遺作になった。
当事は『マニトウ』の祟りか?と噂されました。
 
では2本目の紹介です。 
 
 

↑『さよならミス・ワイコフ』のB5チラシです。
 
 

↑A4パンフです。この作品は1979年公開の映画です。 
 
『さよならミス・ワイコフ』
解説: 高校の女教師ワイコフは男性経験がなく、結婚に憧れを抱きながらも男性に対してコンプレックスを感じていた。そんなある日、彼女はフットボール部の黒人生徒にレイプされる。そしてその事実を知られた彼女は、学校を追放されるが……。オールド・ミスの複雑な女性心理を描いた問題作。
 
私、『さよならミス・ワイコフ』という作品、凄く観たいんですが未見なんです。
我がブロ友であるレジェンドさんの話をしましょう(汗)・・・。
レジェンドさんとは毎日、メッセージでやりとりします。その回数、その辺のラブラブ・カップルに負けんほど(爆)・・・その中身、実に色気のない中学生レベルの会話で、お互いが悪態のつき放題(汗)・・・同じ世代で映画を観たり同じ雑誌を読んできているので、レジェンドさんとやりとりしていると、学生時代の教室に戻った気分になるんですよ。
 
そんなレジェンドさん、大のグロ・ホラー好き(汗)・・・私でも目をそむけるようなホラー作を、わざわざ探して観るような人なんですが(爆)、唯一苦手なのが下ネタなんですよ。
箱入り娘で少し堅物な感じのレジェンドさんは、すくなくとも私の前では下ネタが苦手(汗)
でもね、私のブログに来て下ネタが苦手って、まんじゅう屋にグローブ買いにきてるようなもんなんやけどね(爆)・・・。
私はそんなレジェンドさんを分かりながらも、たまに悪戯心を出して、軽い下ネタをメッセージしてやる(爆)
するとね、返答に困ったレジェンドさんが、ここ一番必ず出してくる映画のタイトルが『さよならミス・ワイコフ』なんですよ・・・。
(映画の内容は上記の解説文のまんま)
 
 
私が、「最近のAVはなっとらん」というと、レジェンドさんは、「ミス・ワイコフみたいだね」・・・。
私が、『あるスキャンダルの覚え書き』を紹介すると、「ミス・ワイコフみたいだね」
私が、「ただヤリゃ気持ちええってもんでもない。レイプはアカン」というと、「ミス・ワイコフみたいだね」(汗)・・・。
私が、「疲れてネタが浮かばん、洋ピンでも紹介しよか?」というと、「ミス・ワイコフでしょ」って(爆)・・・。
私の弟、外食に行くと必ず生卵を追加するんですが、絶対なかったら困るって感じで、ここ一番、必ず「卵ちょうだい」って言いよる・・・鶏さんがこの世から消えたらどうすんの?って(笑)
「さよならミス・ワイコフ」がなかったら、レジェンドさん、どうすんの?って(爆)・・・。
ここ数日、特に「ミス・ワイコフ」の名前をレジェンドさんが出してくるので、私は仕事の帰りにコンビニで買い物したとき、レジで「ミス・ワイコフもください」って言いかけたで(笑)・・・。
店員に、「ミス・ワイコフ、温めますか?」とか言われたらどうすんのよ(爆)
私は「袋は別々にしてな」とか言うのかな?(笑)・・・。
 
レジェンドさんは私のそそられるツボを知ってるんで、散々、『さよならミス・ワイコフ』の美味しい部分を私に解説して、「どう、観たいでしょ?観たいでしょ?」って(爆)・・・。
腹立つけどメッチャ観たい映画なんですよ(爆)・・・。
 
 


黒人の生徒にレイプされ、性に目覚めるオールド・ミスを描いた作品で、公開当事は話題になりました。
実はこの作品、深夜にテレビ放送があった時、私は一応、軽くは観たんです。
チラシのコピー、「2度目は私から求めました」なんて、めっちゃエロそうなんですが・・・。
実はそんなにエロくなく、意外と真面目で深刻な内容の作品なんですね。
同じ放送を真剣に観た友人が、「すごく良い映画やった」って教えてくれました。
この作品は一応、ソフト化された事があるんですが、ソフトが高価で手が出ないし、レンタルで観るのは困難になっています・・・もう一度真剣に観たい映画です。 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゾンビマン

Author:ゾンビマン
大阪の映画ファンです。資料・画像を中心に映画を紹介するつもりが自分語りしてたりするからご用心を・・・。

訪問者カウンター

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

月別アーカイブ